無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,232
2021/06/03

第12話

7・*:..
小鞠 あなた
ねぇねぇ、千冬。
松野 千冬
ん?
小鞠 あなた
圭介も帰っちゃったし千冬も帰ってもいいよ?
小鞠 あなた
昨日から居たからお風呂も入れてないでしょ?
松野 千冬
ん〜。確かに
小鞠 あなた
私は大丈夫だから!!
微熱だしね!
松野 千冬
…でもなぁ
小鞠 あなた
大丈夫!
ほら、こむぎが私の面倒見て
くれるって!
こむぎ
にゃーぉ
小鞠 あなた
ほらね!
私は愛猫のこむぎを撫で回しながら千冬に言う。
別に千冬に帰って欲しい訳じゃない。
本当はずっとここにいて欲しい。
でも、昨日から千冬がなにか食べてるところも見てないし、ペケJも心配だし…
松野 千冬
よし、分かった!
一旦帰るわ。
気分悪くなったら連絡しろよ!
小鞠 あなた
了解した!
松野 千冬
こむぎ、あなたのことよろしくな!
そう言いこむぎの頭を撫で回す千冬。
そんなこむぎを見て少し羨ましいと思っていることは私だけの秘密…🙊
………………………………………………………………
まりん
まりん
久しぶりの本編投稿…!!!!