無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,488
2021/05/24

第5話

3・*:..
8月3日(お祭り当日)








朝から体が重い。
頭も殴られてるように痛い。
小鞠 あなた
これはっ!!!
嫌な予感が頭をよぎった
ふらついた身体で体温計を手に取り熱を測った
ピピピ
小鞠 あなた
…っ!!!!!!!!
小鞠 あなた
まじか……ハハッ
『39.4℃』
小鞠 あなた
……ヤバ
私は携帯を手に取りエマに電話をかけた
プルルルル
小鞠 あなた
📞 あ〜、もしもし…エマ〜?
佐野 エマ
📞 どうしたの!あなたちゃん!
佐野 エマ
📞 声ガラガラだよ!?大丈夫?
小鞠 あなた
📞 あ〜、あのね〜…エアコンガンガンで寝てたら風邪ひいた…
佐野 エマ
📞 あなたちゃん、熱は?
小鞠 あなた
📞 「39.4℃」
佐野 エマ
📞 ヤバくない!?大丈夫?
小鞠 あなた
📞 大…丈夫!寝たら良くなる…よ〜!
小鞠 あなた
📞 おやすみ〜…
佐野 エマ
📞 えっ!?ちょっとあなたちゃん?
私はそこで意識を手放した。






















まりん
まりん
短くてすみません_(。_。)_