無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

⑤原因
ー別れを告げる2日前ー

溜め録りした動画すぐに出せる様、俺は夜遅くまで編集に取り組んでいたんだ。すると、
カタンッ…
スカイハウスの郵便受けに
何かが入る音が。
胸騒ぎがした
普通こんな深夜に『カタンッ…』なんて
鳴るはずないんだ…
それなのに、
じんたん
じんたん
ねぇ、テオくん…
寝ていたテオくんを起こして俺は
今起きた事を説明した。
じんたん
じんたん
…っていうのがあったんだけど、
テオくん
テオくん
なんだろ…何が入ってるか分かんないし俺らだけで見ない方がいいと思う。明日、事務所に連絡しよう
じんたん
じんたん
テオくん
テオくん
…今日はもう寝な?
じんたん
じんたん
うん…。

ー別れを告げる前日ー
俺は事務所に行った
じんたん
じんたん
テオくん、連れて来たよ
事務所の人をスカイハウスに連れて来たのは一緒に見てもらう事になったから。けど
じんたん
じんたん
(何が入ってるかなんてもういっその事見なくていい…知りたくなんかない)
そう思ってた。
だって嫌な予感しかしなかったから







…その嫌な予感は的中した。

郵便受けには差出人不明の
手紙と小包が入ってた。
小包の中身は血の付いたフルーツ
ナイフ。手紙には「女殺す」と書かれていた。
血の気が引いた…。

そして俺はすぐに勘づいた。手紙の「女」
はあなたの事だと、つまり俺宛てだ。
じんたん
じんたん
…あなたと、あなたと別れなきゃ
じんたん
じんたん
あなたがっ、ウゥッ…
テオくん
テオくん
え?じんたん、
何言ってんの…?
テオくん
テオくん
…あ
テオくんも察した
テオくん
テオくん
でも、だからって…

なんで別れなきゃって言ったか?

これ以上付き合っていたらあなたの身に何が起こるか分からない、だから何かが起こる前に関係を切ろう、そう思ったから…。

だから俺はあなたに別れよと伝えた


『怖い』の気持ちしかなかったんだ
俺はヘタレだから。何も出来ないから。
じんたん
じんたん
こんなの気にするものか。
あなたは俺が守るんだ
ってあの時言えていたら…。
カッコつけれてたら…





























じんたん
じんたん
…はは、ダッセェな俺。
きっともう一生彼女なんて出来ない
「とりあえず、差出人を特定しよう!!」
と事務所の人が警察に被害届けを
出してくれた。
その数日後あの差出人が見つかった。

差出人は容疑を認めていて、
「じんたんが彼女らしき女子と歩いていたのが腹立った」と言っていたそうだ。その事はニュースに流れ、「非リアの代表、藤枝仁に彼女発覚」とTwitterなんかで拡散された。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰(リ・ω・タ)🐴
🐰(リ・ω・タ)🐴
毎日更新は一旦おやすみ。 火曜日・木曜日・土曜日・日曜日に更新中 暇な時に作るから時間帯は バラバラです💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る