無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

番外編)伝えるよ
「ごめん、俺の家に来てくれない?」

と、俺は[ある]部屋を飾り付けしながら
あなたにLINEした。
じんたん
じんたん
(やっぱり迎えに行ってからタイミングを見計らって用意すれば良かったかなぁ…でもそれじゃあいつ出来るか分かんないし…あぁあなたごめん💦)
こんな「大事」な日に限ってまさかの寝坊…

俺のテンションと共にグングン下がるモテ男メーター…
じんたん
じんたん
(行動に移しちゃったものはもう後戻り出来ないんだ!!!!!今は部屋の飾り付けに集中しよ…。)
そう思った瞬間俺のスマホに電話が1本
あなたからだった。
じんたん
じんたん
えっ!?!?なんでなんで!?!
(どうしよっ!!で、出なきゃ!!)
                             ↓(通話中)↓
じんたん
じんたん
…もしもし?
あ、LINE見てくれた?
突然電話がかかってきた事にも驚いたけど、もっと驚いたのはあなたが慌てていたから。なんで慌てた口調なのか、理由を聞こうとした。けど俺はあえて聞かなかった。だって両想いじゃない限り聞いたって嬉しい答えなど俺には
返ってこないんだから。
じんたん
じんたん
(押し間違えたのかな)












あなた…
こんな俺だけど今日は俺のあなたへの気持ちを伝える為にいっぱい考えてたんだ。結局は在り来りな告白でも、ちゃんと伝えるから…!!








ピーンポーン
じんたん
じんたん
(今日は絶対…!!)





覚悟を決めたよ____________















🐰(リ・ω・タ)🐴
🐰(リ・ω・タ)🐴
じんたん目線はここまで!!
あの時のじんたんは準備万端でスタンバってた訳じゃなかったんですね😂w次からまた本編戻ります!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰(リ・ω・タ)🐴
🐰(リ・ω・タ)🐴
毎日更新は一旦おやすみ。 火曜日・木曜日・土曜日・日曜日に更新中 暇な時に作るから時間帯は バラバラです💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る