無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

番外編)じんたんの気持ち
🐰(リ・ω・タ)🐴
🐰(リ・ω・タ)🐴
どうも作者です😳
このお話をここまで読んで下さってありがとうございます。今回の話についてなんですが今回は番外編と言う事で、じんたん目線の話を作りました。本編はすぐに再開します!!暇潰し程度で見て頂けると幸いです💦なお、これから先少しR18🔞もどきな表現の言葉が出てくるかもしてないのでそこはご了承ください🙇‍♀️🙏それではどうぞ↓↓↓
女の子が好き。でもそれは恋愛感情が
なくても普通に『男』だからの好き。

女の子達とテオくんは普通に友達感覚で喋ってる。女の子と友達だなんてそんなの『男』なら誰しも羨ましいと思ってしまうに決まってる。こんな事言うのはちょっと悔しいけど…

テオくんに限らず、女の子と普通に喋れるのはイケメンだけなんだ。それに
比べて俺のこの顔よ。写真を撮る時の
加工は絶対に欠かせない。
じんたん
じんたん
やっぱりこんな顔じゃなぁ…
と自信も無くして当然だろう。
それでも俺は産まれ持ったこの顔を
変える気は全くもってない。

みんなも知ってる通り俺はYouTube
とかでは非リアの代表を売りにしてるからヤってないって思われてるけど、
ホントは中3で童〇は卒業してるし経験人数だってテオくんよりも多いんだよ?女の子と喋るのに経験人数は関係ないけど。
じんたん
じんたん
あぁあ、
女の子と話したいなぁ…
ある日の撮影後無意識にポロッと本音がこぼれてたんだ…テオくんが女の子と電話してたから。まぁそれが後の俺の彼女/////最初は「女の子との繋がりを増やしたい」その一心だけだった。それでテオくんがその子に
テオくん
テオくん
遊ぼ
って嘘付いて俺に会わせてくれた。もちろんそのまま遊びはしたけどね。それと、テオくんがモテるのはこういう優しさもあるからなんだろうなぁ。とまた嫉妬もしてしまった…
🐰(リ・ω・タ)🐴
🐰(リ・ω・タ)🐴
今回はここまでっ!!
続きも続けてご覧下さい👀💕
てかじんたんは何を言ってるんでしょう?じんたんだって優し過ぎるくらいに優しいのに…
無自覚なんですね。恐ろしい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰(リ・ω・タ)🐴
🐰(リ・ω・タ)🐴
毎日更新は一旦おやすみ。 火曜日・木曜日・土曜日・日曜日に更新中 暇な時に作るから時間帯は バラバラです💦
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る