無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

(なまえ)の決意
(なまえ)
あなた
!!そうだ!!もういっそ、“家出”してしまえばいいんだ
(なまえ)
あなた
よし!!必要最低限の物は、持った!
そろりそろり
ガチャ
タッタッタッ
そうして私は、ガムシャラに走ったとにかくあの2人が来れないようなところまで走った走りまくった
(なまえ)
あなた
ε-(´∀`*)ホッ
私は、安心した
だが、新たな問題があった。そう、
(なまえ)
あなた
行くところがない!
急いでいたため、ここまでは想定外だった
そうしてとぼとぼ焦りながら歩いていると
???
よっ!
と、いう聞いたことがあるような声が聞こえて、方をぽんっと叩かれた
誰?と思い、振り返ってみたら声の主は、
 ̄ ̄ ̄ ̄だった
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
作者
作者
次回は、“これからは、ここに住む?!”
作者
作者
です。短くてすいません
作者
作者
それでは、ばいちゃ