無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

みんなの前でヤるの
俺、高輪ゲートウェイ。嘘嘘(笑)目黒っす。今日はね?俺の可愛い彼女をみんなに知らしめてやろうと思って。皆俺の彼女を困らせ過ぎなんだよ。だからみんなの前でヤろう!よっしゃっ!ってこと←え?by舘様
目黒蓮
目黒蓮
舘様〜
宮舘涼太
宮舘涼太
(・・。)ん?
目黒蓮
目黒蓮
はぁい。可愛い感じにコテンしなくていいからこっちにおいで〜
宮舘涼太
宮舘涼太
なぁに?蓮
首をコテンッと可愛らしく傾げながら俺の膝の上に乗ってくる舘様。まぁ可愛いところがあるもんだ。
目黒蓮
目黒蓮
脱いで
宮舘涼太
宮舘涼太
( 'ω')ふぁっ
目黒蓮
目黒蓮
ぬーいで
宮舘涼太
宮舘涼太
何で!?
目黒蓮
目黒蓮
早くしないと脱がせるよ?
宮舘涼太
宮舘涼太
わか、分かったから( ˊᵕˋ ;)💦
そう言って一生懸命に脱ぎ脱ぎと服を脱ぐ彼女。わーお、可愛い。乳首になんで絆創膏?と思ったら擦れて感じるって言ってたわ。
宮舘涼太
宮舘涼太
こ、これでい?さ、む、
目黒蓮
目黒蓮
めめを脱がして欲しいなぁ
宮舘涼太
宮舘涼太
わかか
軽く噛んでて可愛い💕俺の服を一生懸命に脱がせようとする彼女。俺は手伝いながら脱がされる。
目黒蓮
目黒蓮
気持ちよくさせてあげるから(耳打ち)
じゃあ、皆の方向いて座ろっか
宮舘涼太
宮舘涼太
はぁい︎💕︎💕
気持ちよくさせてあげると言うとエロスイッチがONになる俺の彼女。可愛らしく頷いてみんなの方を向いて座り直した。
目黒蓮
目黒蓮
ズボンぬーいで
宮舘涼太
宮舘涼太
や!
目黒蓮
目黒蓮
気持ちよくなれないよ?
宮舘涼太
宮舘涼太
(`〃・н・´)プクッ
目黒蓮
目黒蓮
じゃあ、してあーげない
宮舘涼太
宮舘涼太
やらぁ
目黒蓮
目黒蓮
じゃ脱いで
そんなことを言いながらもちゃんと脱いでくれる。俺は座ったままの涼太のものを握り、上下に手を動かす。
宮舘涼太
宮舘涼太
あっあっあっ︎💕︎💕
目黒蓮
目黒蓮
気持ちいい?
宮舘涼太
宮舘涼太
んあっんんっあっあっんっ︎💕︎💕
感度が高まっているのか、喘ぎまくる涼太。さすがに手だけでイカせる訳もなく。俺は一旦涼太を降ろし、ズボンを脱ぐ。そして、もう一度座り、涼太の穴にローションを塗って上から自分で挿れながら座ってもらった。
宮舘涼太
宮舘涼太
んぁぁぁぁっ︎💕︎💕
目黒蓮
目黒蓮
はい。動いて?
宮舘涼太
宮舘涼太
んん…あっ…やぁぁ…うまく…でき…な(´;ω;`)
上手く自分では動けず、今にも泣き出しそうな涼太。俺は涼太降ろし、四つん這いにさせる。そして、少しだけ強引に中に挿れる。
宮舘涼太
宮舘涼太
みゃうっ!///(ピュルッ)
目黒蓮
目黒蓮
あー…イッちゃった?
宮舘涼太
宮舘涼太
こめんなぬい…
目黒蓮
目黒蓮
大丈夫
そう言ってゆっくり動き出す。奥を突きあげながら、乳首を触ってあげると、もう目の前にみんながいることなんて忘れてあんあん喘ぐ。しかも締め付けてくるから俺まで感じる。
約一時間ずっとイかずに喘ぎ続けたせいか、全力でバタンキューした涼太。そんな涼太を見て、みんな恐ろしいと言わんばかりの顔をしていた。
今度からみんなの前でシようかな