無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

デレ期
今日は珍しく阿部ちゃんがデレデレと甘えてくる。俺はデレデレと甘えてくる阿部ちゃんを撫でながら色々とGoogle様で検索をかけた。
検索結果は"デレ期"。デレ期とは地層に含まれるスナオ類の量、ショウジキ値などが、ツン期に対して爆発的に上昇した地点から、ショ類に分類されるコンイントドケ科の生物が検出されるヨメ期までの間の層。
またツン期、デレ期の二層について目視での見分けが付きにくいため、総括してツンデレ層(期)と呼ぶこともある。
近年の研究によってツン期からデレ期への移行が緩やかに行われたツンデレ地層が発見され、中間の部分を「ツンデレ期」と呼ぶ向きがあり、学会で制式に用いるべきか検討が繰り返されている。
うーん。全くもって佐久間さん分からないであります。まぁ、稀にある時期ということで。
阿部亮平
阿部亮平
さぁくまさぁくまぁ(デレデレ)
佐久間大介
佐久間大介
はぁい?
阿部亮平
阿部亮平
ぎゅして!
佐久間大介
佐久間大介
はいはい♪(ギュー)
阿部亮平
阿部亮平
えへへ〜。(スリスリ)
今日はデレ期の阿部ちゃんとお買い物の予定。何処に行くかって?珍しくアニメイトに行きたいって阿部ちゃんが言ってきたもんだからアニメイトに。その後はショッピングモールに行く予定。
佐久間大介
佐久間大介
行こっか
阿部亮平
阿部亮平
ん!(手を自ら繋ぎ)
佐久間大介
佐久間大介
(珍しい……)
阿部亮平
阿部亮平
んー?どぉしたのぉ?
佐久間大介
佐久間大介
否々、何でもないでやんすよ
阿部亮平
阿部亮平
そか?
そんな話をしながらアニメイトへ。珍しく阿部ちゃんから手を繋いでくる。ずっとデレ期ならいいのに。そんなことを思いながらアニメイトの中へ向かう。
阿部亮平
阿部亮平
わぁ…すっごい量ある
佐久間大介
佐久間大介
そうでやんすね〜
100点の笑顔で俺を見てくる。殺しに来てるのか?なぁ、死ぬって。そんなことを思いながらアニメイトの買い物終了。そのごショッピングモールへ行き、全ての買い物を終わらせた。
家にて
阿部亮平
阿部亮平
ねる!もぉーれるんらぁ!だーくんのひーじゃー(寝る!もぉー寝るんだァ!大介のひーざー)
眠過ぎて呂律が回っていない。そんな可愛いデレ期も今日まで。明日になるとツン期にでも戻っているだろう。
ずっとデレ期ならいいのに