無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

咲き乱れる赤
岩本照
岩本照
舘さん、俺のことも構ってくれよ?
宮舘涼太
宮舘涼太
分かってるよ…照
俺は顔を真っ赤にさせて照を見た。嗚呼、かっこいい。でも…佐久間がいい…でも、皆の相手をしないと佐久間には辿り着けない
岩本照
岩本照
舘さんってば佐久間のこと考え過ぎ
宮舘涼太
宮舘涼太
うっ……ごめん
そう言って照は俺の解れた下に指を突っ込んでくる。そう。照は自分のモノはふっか以外には挿れない。楽ではあるけれども物足りなさもある。
宮舘涼太
宮舘涼太
んんあっ///
岩本照
岩本照
スルッと入る。目黒に解されたんだっけ?
宮舘涼太
宮舘涼太
そ、だね…
少し涙目になりながら照を見る。そうすると、指を動かし始める照。俺は気持ち悪いと思うほど甘い声が出る。
宮舘涼太
宮舘涼太
んひゃっ!やぁぁっ‪///
岩本照
岩本照
舘さんって本当に甘い声出すの上手いよね
宮舘涼太
宮舘涼太
そ、んなこと…ないっ
激しく動かされ、甘い声が大きくなる。
駄目だ。なんか来る。
宮舘涼太
宮舘涼太
待ってイクっ
岩本照
岩本照
イけばいい
俺は盛大にイった。精子まみれになりながら俺は次の人を待った。次はふっか。ふっかも照と同様なのだが、ふっかの方が焦らしてくるから嫌いだ
深澤辰哉
深澤辰哉
やっほ舘さん
宮舘涼太
宮舘涼太
嫌い……
深澤辰哉
深澤辰哉
何で!?
宮舘涼太
宮舘涼太
顔がデカいから
深澤辰哉
深澤辰哉
関係ないっ!
少し意地悪を言っただけなのに激しく指を動かされる。俺はそれだけでイキそうになる。だが、流石ふっか。寸止めし、イクのを止めた。
宮舘涼太
宮舘涼太
き……つい…
俺は泣きそうな目になる。だが、ふっかはそんなのお構い無しに俺のものの上を押さえて指を動かす。
宮舘涼太
宮舘涼太
も……ゆるし…てっ
深澤辰哉
深澤辰哉
えー。仕方ないなぁ
そう言って俺のモノを軽く摩るふっか。軽く摩られただけなのに盛大にイッた。
早く…佐久間……に抱いて欲しいよ……