無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

束の間の休息
第3話 束の間の休息

「ヒーロー基礎学に私が来たぁ!」

ポーズを決めるオールマイト。

「今日は新入りさんもいるようだね!HAHAHA !よろしく!」

弥生はさっと近くにいた轟の影に隠れた。

「HAHAHAHA!恥ずかしがりやなのかな!?」

みんなが一斉に思った。

(((オールマイトォ!焦らないで!)))

轟が声をかける。

「オールマイト好きじゃないのか?」

「普通かな・・・・・。嫌いではないんだけど」

「そうか」

「今日はみんなに星空少女の"個性"を当ててもらおう!」

訓練の内容は、運動場γガンマの建物のどこかにオールマイトがいるので救出しよう!という感じだ。

「瀬呂少年、爆豪少年、耳朗少女、星空少女の4人で対決だ!」

全員が横一列に並ぶ。

「用意、ドン!」

機械の合図に瀬呂、爆豪、耳朗が一斉に走り出す。

「弥生ちゃん行かないの?」

スタートの位置から動かない弥生に何人かが声をかけた。
「そういう"個性"?」

(気配的にこっちの方向ね。・・・・近いわ)

弥生が軽く力を込めると髪と瞳が緑色に変化した。新緑色ともエメラルドグリーンともとれる美しい色だ。衝撃波で風が吹く。

「うわぁ!色が変わった!」

「綺麗な色・・・・・」

(赤の方が好きだな。俺は)

ふわりと飛んで移動している。皆の目にはそういう風に見えた。

弥生が1着だった。爆豪はひどく不機嫌になる。新入りの女子に抜かされたのが悔しくて堪らなかったからだ。同時に皆が弥生の実力を悟る。

「星空少女凄いじゃないか!」

またも轟の影に隠れる弥生。

「さぁ、星空少女の"個性"が分かった人はいるかな?」

「は~い!」

「芦戸少女」

「浮遊能力!」

「残念ながら違うんだな!」

「はい!」

「緑谷少年」

「身体能力の上昇?」

「正解!よく分かったね!星空少女の"個性"は身体能力の上昇で、最大約200倍程度らしいぞ!欠点らしい欠点もなし!単純な"個性"だからね!」

「髪と瞳の色が変わったのは何でですか~?」

「倍率によって髪と瞳の色が変わるんだそうだ。仕組みとか法則は特にないそうだよ。ちなみにさっきのは何倍だったのかな?」

「20倍程度です」

「・・・赤は?」

「50倍程度かな」

「そうか。もう一度見たい。放課後見せてくれ」

「ごめん・・・・用事があるの。また今度」

ヒーロー殺しが街に出たらしい