プリ小説

第3話

3話
私はオーディション会場に行った。
オーディションを受ける人
えっ!?あのひなさんがいる~!
絶対ひなさんが合格するよ~
こんなふうに言われるのには慣れている。
ひな
笑顔を見せる)今日は一緒に頑張ろうね!
オーディションを受ける人
はい!
そして私はオーディションを受けた。
~携帯で~
ひな
「亮、今日会える?」
吉沢亮
吉沢亮
「ひなが来て」
ひな
「うん、いいよ!」
亮のことは好き。
そして学校で私は1番近い存在だと思う。
だから付き合いたい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

King☆M
King☆M
ぼちぼち書いています 始めたばかりなので宜しくお願いします