無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

収録後


「ねー、こーくんに電話するわ!笑」


風雅「せやな!」


流星「事情聴取や!」


「もしもし?」


康二「もしもしー!あなたやーん!」


「声でかい!笑あ、みんな聞いてるよ!笑」
龍太「カメラにしてるんだから分かってるわ!笑」
「なんで、ジャニーズって言ってくれなかったの?」
康二「やっぱ、あの時の記憶ないんやな!」
龍太「まぁ、あの時の話もなかなかせーへんしな
「何?」
康二「その顔でみんといて!」
龍太「それは、マジで俺らの特権なんやから!」
風雅「やっば!」
大吾「可愛い😍」
「はーい!冗談はそこまでー!はい!で、なんのこと?」
康二「大吾だけかな!こん中だと!」
龍太「せやな!でも、あの日いたっけ?」
康二「いたよ!多分!笑」
龍太「あのな、昔、関ジュの仲良い子で夏休みに海行ったんよ!」
康二「まだ流星とかがおらん時な!」
龍太「それで、あなたも一緒に行ったって話!あとは、ライブもめっちゃちっちゃい頃来てたんよ!だから、俺らがジャニーズってことは言ってはいる!笑」
康二「ただ、大きくなってあなたに迷惑かけたくなかったから途中ではなさなくなっただけ!笑」
大吾「え、もしかして、あの龍太くんが途中でぎっくり腰なったやつですか?」
康二「そうそう!笑笑懐かし!」
龍太「なんでそこ覚えてるねん!笑」
ふがあなた「ダサ!」
龍太「なんでそこハモんねん!」
「あ、そろそろテスト!ダンスの!行ってくる!」
拓哉「ファイト!」
「おん!絶対全部出る!」
ふーが「いってらー!」
拓哉「ケータイは?」
「電話してていいよー!」
るーく「はよ!いっといで!」
「うん!」
龍太「なんのテストなん?」
拓哉「なにわの日が明日じゃないですか?だから、それに出れるかってやつです!」
康二「え、明日出れんの?!ヤバ!!」
流星「でも、関ジュの曲ならできそう!」
拓哉「昨日頑張って全部教えたんですけど、関ジュの曲だけは完璧でした!笑」
康二「あなた、大丈夫だった?理解の仕方あの人おかしいから!笑」
拓哉「ホントそうですよね!笑でも、僕も幼なじみなんで!扱いには慣れてます!笑」
龍太「そっか!」
康二「てか、それ知らんかったんやけど!」
拓哉「僕もです!笑」
龍太「ねえちゃん、教えてくれれば良かったんにな!笑」
康二「ホンマになんで隠してたん?!笑だって、ねえちゃんは全部知ってたんやろ?」
拓哉「え、あなたママのことですか?」
康二「あ、そうそう!」
拓哉「確かに!全部知ってたってことになりますね!笑」
龍太「じゃあ、この辺で!」
ふーが「さいなら!」