無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

カミングアウト
電話
あなた

もしもし?

あっちゃん
どうしたの?
拓哉
拓哉
もしもし!
あっちゃん
あ、ニシタクーーー!キャーーー!
拓哉
拓哉
あっちゃん
あ、ごめんなさい!違う人なのに…
拓哉
拓哉
ほんとだよ?
あっちゃん
え?!
拓哉
拓哉
ちょっと、ふーに代わる!
あなた

は?!笑

ふーが
ふーが
は?!
あっちゃん
え、え、えーーーー?!
ふーが
ふーが
あ、こんちは!笑
あっちゃん
ぎゃーーーー!
ふーが
ふーが
うるさっ!笑
あなた

あっちゃん
ねー!あなたーー!どういうこと?!
あなた

一旦落ち着いて?無理だと思うけど!笑

あっちゃん
うん!無理!
あなた

じゃあ、簡単に言うとなんか拓哉がニシタクだったっぽい!笑それで、ふーがとも遊んでる!笑

あっちゃん
えー?!やっば!今どこ?
あなた

え、言ったらくるから言わない!笑

あっちゃん
ケチ!
あなた

前言ってたじゃん!推しのプライベートは絶対守るって!

あっちゃん
そーだけど…
あなた

じゃあ、切るね!

あっちゃん
うん!またね!
「ねー!ふーが!!」
風雅「いや、拓哉のせいやろ!急に振ってくるから!」
「確かに!笑」
拓哉「おいおい!笑」
「まぁ、めっちゃあっちゃん叫んでたね!笑」
拓哉「そりゃそうだ!」
るーく「ふーさんまだ??」
「あ、いこいこ!笑」
拓哉「忘れとった!笑」
斗亜「どうやった?」
「うーん🧐びっくりして叫んでた!笑」
りとかん「笑」
コタ「どこまでいったん?」
「拓哉の話はしてたから、その人がにしたくだったってこととフーガと遊んでることだけ!笑」
コタ「そんだけやったんやな!笑」
「あんま言ってもあっちゃん爆発するよ!笑」
斗亜「付き合ってることは?」
「言ったら殺されるよ!笑にしたく担だから!笑」
拓哉「まじ?!やったー!!」
「でも、All担だって!笑」
風雅「だけど、俺の時の方が叫んでなかった?!笑」
「もう、拓哉のは推しだし少しは理解できてたんじゃない?笑」
風雅「そういうことか!」
「何する?」
拓哉「そーいえば、ダブルダッチ教えてよ!」
「え、基礎的なのでいい?」
拓哉「そうじゃなきゃ困る!笑」
「5人ともやる?」
風雅「ダブルダッチって何?」
「なにわもやってたんだけど、二本の大縄でやる縄跳び的なやつ!」
斗亜「やる!」
風雅「あれか!やる!」
コタ「やりたい!」
るーく「ライブとかでもやってみたい!」
「そこまであなた上手くないからね!笑」
拓哉「そこの公園でやる?」
「外だと飛びにくいから、施設借りよ!あなたがよく言ってるとか多分空いてるから!」
拓哉「おけ!」
「あ、パス持ってるからお金いらんよ!笑」
斗亜「ガチでやってんじゃん!」
「まあね!でも、飛ぶより回すほうが好きだからそっちばっかりやってるし、そっちしかできない!笑やり方は知ってるけど、やってないから体が動かん!笑」
風雅「まあ、その時は拓哉がいるから!笑」
「うん!笑」