無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

初めての仕事
拓哉「こんにちは〜!」


斗亜「こんにちはーー!」


メイクさん「おー!お久しぶり!」


「はじめまして!あなたです!」


メイクさん「あー!新メンバーのね!よろしくー!ねー、めっちゃ可愛いんだけど!!」


拓哉「今、人見知りしてるだけだと思います!笑」


「どういうことよ!笑」


メイクさん「ねね、すっぴん?」


「はい!笑化粧ほとんどやったことなくて、、」


メイクさん「もともとこの顔だったらすっぴんでいいんじゃない?」


「え、でも雑誌って!」


メイクさん「今日のは、学生って感じでやるらしいから!」


「あ、そうなんですね!」


拓哉「髪の毛は??」


メイクさん「あなたちゃんは、このまんまの方がいいと思う!」


「え、ぐっちゃぐちゃなのに?!」


メイクさん「あ、結び直したりはするけどね!笑」


「よかった!笑」


メイクさん「今日は、おちびちゃんたちもくるんだよね!」


「え、ほんとですか?!」


メイクさん「うん!」


「え、え、あの天使たちにー?!ねー、拓哉どうしよ!最近幸せすぎて怖い!」


メイクさん「可愛い!!私、あなた担になったわ!」


「え、え、私にファンが?!?!ありがとうございます!ありがとうございます!」


拓哉「焦りすぎ!笑」


風雅「まぁ、丸岡くんの次やな!」


斗亜「斗亜もあなたちゃん好きー!」


「まって、やばー!きたきたきたきたきたきた!!!!」


風雅「うるさ!笑」


メイクさん「❤️」


篤志「こんにちは!よろしくお願いします!」


「うっわ!あっくん可愛い!!」


篤志「えへへ!」


拓哉「篤志!この人篤志の後輩だよー!笑」


チビジュ「えーーーーー?!」


「はじめまして!今日から関西ジャニーズJr.のlilかんさいのメンバーになりました!あなたです!よろしくお願いします!」


篤志「え、なんて呼べば…」


「なんでもどうぞ!!」


「あ、私、みんなの事呼び捨てにしちゃったらごめんなさい!癖で出ちゃうかも…」


翔真「その方が良いです!」


「え、ほんと?!」


「あ、ためにしちゃった…」


角「ためで呼び捨てでおなしゃす!」


「わかった!みんなもためで話してよ?」


角「はい!」


「あー、角くんー!」


「え、やば!やば!本当にあなた関ジュになってるじゃん!!」


琉巧「だって、関ジュじゃん!笑」


「え、あ、うん。え、え、お、お、う、」


拓哉「壊れてるし!笑」


風雅「昨日、学校行ってからちょっと壊れてる!笑」


拓哉「だいぶ!」


「これ、平常運転!笑」


斗亜「僕と似てる気がするー!」


「そう?わかんない!笑」


コタ「確かに!笑」


「てか、明日、マイジャニ出るんだね!ヤバ!!てか、今日雑誌じゃん!あー!😭」


篤志「なんで、泣いてるの?」


「幸せすぎて!」


風雅「爆笑」


「笑うなし!」


拓哉「なんか、あなたがあなたじゃないみたい!笑」


「今まで、テンション上がりすぎないように気をつけてたし、家族の前ではこのテンションになれないから!笑」


カメラマン「撮影するよー!」


りとかん「はーい!」








飛ばします!









「あー!楽しかった!笑」


拓哉「初めての撮影であればヤバイ!」


「なにが?」


風雅「ポーズとか、表情の作り方がうますぎる!」


「そう?ありがとう😊」


斗亜「あー!斗亜も頑張らな!」


拓哉「あ、新幹線今日の乗るんだよね!」


るーく「うん!」


拓哉「準備しなきゃ!」


「急げー!笑」







飛ばします!






「ふー!間に合ったー!笑」


コタ「なんで当日のにしたん?笑」


るーく「マイジャニのショウタイムの練習とかあるから!」


コタ「そうだったー!笑」


「え、あなたもでるの?」


拓哉「出るんじゃない?笑」


「ヤバ!てか、ダンス、中学の授業以来なんだけど!笑」


風雅「こないだ縄の中でやってたじゃん!」


「あれ、やってることめっちゃ簡単なステップだよ?笑あと、縄の中でやったらかっこよく見えるだけ!笑」


るーく「その時には、教えるー!」


「ありがとう!!なんの曲やるの?」


風雅「確か、can'tstop!」


「あれか!じゃあ、大丈夫!」


斗亜「どういうこと?!笑」


「あれ、完コピしたから!笑」


コタ「やば!笑」


「あってるかわかんないけど!笑」


拓哉「だったら心配いらんな!笑」


「なんかそれもそれで怖いわー!笑」


るーく「そういえば、なにわの日のどうすんの?」


「え、あ、どうなの?笑私、チケット買っちゃった!笑」


コタ「滝沢くんに今LINEした!」


「ありがとう!!出るってなったらやばくない?!」


風雅「ダンスとか歌とか?」


「うん。」


拓哉「どれくらいジャニーズの知ってるの?」


「なにわがやったのは全部覚えてるよ!ダンスも!あってるかはわかんないけど!笑」


斗亜「ヤバ!」


るーく「さっきまでの心配はどこへ!笑」


「よし!大阪着いたら拓哉と特訓する!だって家に帰るだけでしょ?」


コタ「うん!じゃあ、拓哉よろしく!」


拓哉「はいよー!」


るーく「あ、ついた!バイバイ!」


「バイバイ!」


「みんな降りる駅違うんだね!」


コタ「最寄りで降りるからね!」


拓哉「次は、僕らだよ!」


「あ、ほんとだ!バイバイ!」