無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

解散
カラオケ終了
「みんな、わざわざありがとうございました!もうこうやって会えないと思うけど、とっても幸せな時間だったよ!というか、ほんとになにわどこ言ったんだろう…サヨナラくらい言いたかったな…」
風雅「らしいっすよ!笑」
「???」
道枝「え、バレてた?笑」
「え、え、えー?!」
長尾「ちょっとさっき用事があって、、」
高橋「まぁ、そんな感じ!笑」
「どんな感じ?!笑」
流星「はい!」
「何?これ?」
大吾「家帰ったら見て?笑」
「うん!なんか、たくさんもらっちゃってごめんね🙏」
藤原「全然大丈夫!多分あなたちゃんが僕らに費やしてくれてるお金とか時間に比べたら全然だから!」
「でも…」
大橋「気にせんといて!その時は拓哉にお金貰うから!笑」
「あ、ありがとうございます!拓哉に払わせておいてください!笑」
拓哉「え、僕?!」
斗亜「彼氏やろ?笑」
「笑笑」
西畑「じゃあ、またいつか!」
「うん!頑張っていっぱいライブ行くね!」
藤原「待ってるでー!」