無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

タコパ
「よし!私達は、何する?笑」
拓哉「人狼!」
「じゃあ、持ってくるねー!」
コタ「やった!」
斗亜「僕は神だ!」
「はーい!」
「じゃあ、あなたがゲームマスターね!」
拓哉「え、いいの?」
「うん!りとかんのみたい!笑アイランドぶりに!笑」
斗亜「じゃあ、お願いします!!笑」
「役職どうする?」
拓哉「アイランドのでいいんちゃう?市民と人狼い一包みずつ減らして!笑」
「じゃあ、人狼、市民、占い師、海賊?」
コタ「そうそう!」
拓哉「そこまで知ってんのに、俺のこと…」
「ごめんって!笑でも、とてつもなくそっくりだなーって思ってた!笑」
斗亜「かわいそうに!笑」
コタ「そして、あなたちゃんもすごい!笑」
拓哉「斗亜ー!」
「拓哉ー?」
拓哉「何ー?」
「ここで、いちゃついたらコタとあなたついてけなくなるでしょー!」
コタ「笑」
るーく「ただいまー!」
「おー!何買ってきたん?」
拓哉「めっちゃ気になるー!」
ふーが「まずは、タコ!」
斗亜「王道な!」
るーく「ふーさんがなんかわからんいくら!笑」
「あなた、いくら嫌いー!」
ふーが「まじか!」
拓哉「生魚無理やもんな!笑」
「うん!笑」
るーく「後は、生クリームと、ワサビと、生姜と、、、」
「多くない?!笑」
拓哉「それな!笑」
コタ「あなたちゃん、携帯なってるよ?」
「まじ?笑あ、あっちゃんだ!ちょっと電話してくるー!笑ついでにこの子りとかん担!笑」
るーく「えーーー?!」
ふーが「笑」
「もしもーし!どうした?」
あ(あっちゃん)「あのさ、関ジュコン決まったやん?連番しない?」
「そうなの?!笑最近、忙しくて情報難民!笑連番してほしいー!あなたもミッチーのために一般頑張るわ!笑」
あ「はーい!笑あとさ、この辺でなにわの目撃情報出てたよー!後、何人かいたらしいけど!笑」
「まじか?!すれ違ったかな?笑」
あ「あなた、鈍感だもんねー!笑」
「そう?笑」
あ「そういえば、今、にしたくにそっくりって子今いる?」
「なんで?」
あ「話して見たいー!笑」
「聞いてみるけど、多分ヤダっていうよ!笑」
あ「聞くだけ聞いて見て?」
「はいよ!笑」
「拓哉ー!」
拓哉「どうした?」
「あっちゃんが話したいって!笑」
拓哉「少しならいいよ!笑」
「少しならいいって!笑」
あ「まじ?!笑やった!」
拓哉「もしもし!いつもあなたがお世話になってます!」
あ「え、え、えー?!本物じゃん?!」
「似てるって言ったじゃん!笑」
あ「え、は?似すぎ!」
拓哉「うふふ!ありがとう!また、ライブで会おうね!大好き!」
あ「え?え?えー?!まって、まって、本物じゃん!」
「うるさいわ!笑」
あ「さっきの本物やんな!きゃーーー!!」
「本物だったらやばいでしょ!笑」
あ「、でも、最後の何?まじでそっくりだし、めっちゃにしたくっぽいセリフだったやん!あー!幸せ!」
「喜んでくれてよかった!笑じゃあ、また今度ー!」
あ「え、あ、うん!またね!」
「ねー、最後のファンサいらんでしょ!バレるじゃん!」
拓哉「バレてたじゃん!笑」
「もー!隠さなあかんでしょ!笑」
拓哉「さっきの子は口軽いの?」
「ううん!約束は守ってくれる!」
拓哉「じゃあ、なんであなたは言いたくないの?」
「よくわかんないけど、拓哉が入所したこと黙ってたのと一緒だと思う!」
拓哉「あー、でも、その子の気持ち考えてあげて?僕たちは幼なじみだから大体相手のことは感覚でわかる。だから、僕はあなたには言わなくても関係は崩れないし、行っても崩れないのはわかってた。でも、僕はあなたに有名になってから伝えたかったから、黙ってた。でも、あっちゃんは?」
「あっちゃんは、後から知ったら傷つくかも…」
拓哉「じゃあ、もう、話しちゃっていいんじゃない?」
「でも、みんなは?大丈夫なの?」
拓哉「聞いてみればいいじゃん?たこ焼きできてるで!」
「うん」
拓哉「大丈夫!みんな待ってるで!いこ!」
斗亜「おー!きたきた!食べよ!」
拓哉「え、これ誰かわかんないやつ??」
ふーが「あったりまえやろ!笑」
るーく「あ、いくらだけは別にしといたー!笑」
「るーく、優し!」
るーく「ありがとう!笑」
「だれからいく?」
拓哉「じゃあ、俺行く!」
「おおー!」
拓哉「これだー!っ、かっら!!!」
斗亜「からしや!笑」
「次はー?」
斗亜「僕いくー!」
「ファイト!」
斗亜「うん!これ!っっ、なんか気持ち悪い!」
るーく「あ、もしかして、、」
斗亜「生クリームや!合いそうで合わん!」
「え、じゃあ、あなたにとってあたり、タコしかないじゃん!」
るーく「あと、具なしとかもある!」
「その二択かー!」
ふーが「あなたいくん?」
「おん!」
「うっま!たこだー!」
拓哉「よかったなー!羨ましいわ!笑」
ふーが「じゃあ、俺いくわ!これ!」
「いくらやん!笑」
ふーが「うん!いくらは、普通が一番!笑」
「笑」
拓哉「当たり前や!笑」
るーく「じゃあ、僕ー!」
「おー!」
るーく「具なしや!笑普通に美味しい!笑でも、タコないから寂しい!笑」
コタ「じゃあ、僕!二個一緒に食べる!」
「つよ!笑」
拓哉「コタの世界入ったね!笑」
ふーが「爆笑」
斗亜「そやな!笑」
るーく「苦笑」
コタ「え、具なしとタコや!笑普通に美味しい!笑」
みんな「笑」
「あのさ、みんなに大事な話があって…」
斗亜「どしたん?」
「さっき、あっちゃんっていうりとかんたんのこと話しててみんなと友達ってこと話しちゃってもいい?聞かれるまでは言わないつもりだけど…」
コタ「全然いいよー!」
るーく「うん!」
ふーが「まぁ、許したるわ!笑」
斗亜「もちもち!」
「え、拓哉、どうしよう…」
拓哉「なにが??」
「どうやって伝えればいい?あっちゃんに!」
拓哉「今電話して、僕が電話に出たら?」
「あ、それでホントのこと言うのね!」
拓哉「うん!」
「じゃあ電話するわ!」