無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

ドリアイ なにわ男子公演 1日目


「え、生で見れるんですか?」


マネ「おん!スタッフさんがいいよー!って!」


「ありがとうございます!!」
































ライブ後


「おつかれ様です!!」


道枝「きてくれてありがとね!」


「こちらこそめっちゃ見れて嬉しいです!!!」


大橋「喜んでくれて嬉しいわー!笑」


長尾「ちょっとトイレ行ってきます…」


「え、大丈夫???」


大吾「急にために戻ったー!笑」


「心配すぎて…」


道枝「ちょっと行ってきます!」


「さすが、道長!」


丈「終わった後からめっちゃ顔色悪かったからね…」


「大丈夫かな??泣」


大吾「泣かんといて!」


「うん…」


大橋「暑かったし、熱中症じゃない??大丈夫だよ!」


「うん!」


西畑「じゃあ、また明日ー!あなたちゃんは、帰らんと!」


「あ、そっか!じゃあ、また明日ライブ来まーす!」


大橋「待ってるでー!」


「うん!照」


拓哉の家
「ただいまー!」


拓哉「ずるい!」


「何が?」


拓哉「僕もなにわ男子のライブ生で見たかった!」


「じゃあ、明日行けるかなにわに聞いたら??」


拓哉「おん!」


「じゃあ、あなたやることあるから!」


よし!手紙書くぞー!


え、なんのって?


なにわ男子に決まってるでしょ!全員分書く!笑


あ、配信の保存したやつ見ながらね!


あと、これが終わったら宿題やらなきゃ!


まぁ、すぐ終わるでしょ!笑








手紙終わり((雑ですみません!




「できたーーー!」


拓哉、弟「うるさーい!笑」


「ありがとう😊」


拓哉「なにがや!笑」


「え、私、うるさいの長所だから!」


拓哉弟「え、あなた姉ってこんなキャラだったっけ?」


「あ、まぁこのキャラで行くわ!笑」


拓哉「爆笑」


「よし!宿題!」


拓哉「え、ご飯は?俺ら待ってるんだけど…」


「あ、もうこんな時間だったの?!食べるー!」


母「あなた、学校のキャラになってんじゃん!笑」


「え、ママ知ってたの?」


母「先生に聞いたー!」


「マジか!笑」


拓母「今日のご飯は、ママ達の思い出グラタンでーす!」


「やったー!これめっちゃ好きー!」


拓哉「それなー!」


みんな「いただきまーす!」


「うんまー!」


拓哉「神ーーー!」


母「今日ライブどうだった?家でも私たち見てたけど…」


「めっちゃ良かった!笑あのね、今日、全員分の団扇2枚ずつとペンライトが私用に注文したのが届いて1人だったから全部並べて見てたのー!笑」


母「え、全員分2枚も買ったの?!」


「うん!あと、みちきょへは3枚!笑」


拓哉「何でそんなに?!」


「え、本当はみちきょへの3枚ずつだけでいいかなって思ってたんだけど、他のメンバーも買ってーって言ってきたから使うかなって思って!」


拓哉弟「だったら1枚ずつで良くない?!」


「どうせ買うなら、場外用とデコり用と保存用買うでしょ!笑」


拓哉「完全にオタクやん!」


「なに当たり前のことを!笑」


母「何でそういえば私に隠してたの?」


「だって、反対されそうだったから…」


拓母「爆笑」


「え、なんで拓ママ笑ってんの?」


拓母「親子揃って全くおんなじなんだもん!笑」


「え、ママもオタクだったの?!」


母「あんたよりはマシだったけどね!笑」


拓母「側から見たら一緒だわ!笑」


母「いや、あなたの方がやばい!笑」


拓母「私は、ガチだったからね!笑息子の名前にもしたし!笑」


みんな「爆笑」


「それには負けるわ!笑」


拓哉「子供達がジャニーズに入って良かったね!笑」


母「それは、良くも悪くもあるよね!笑」


拓母「うん!推しとか関係なしに!笑」


「??」


母「親になったら分かるよ!笑」


拓哉「ふーん!」


「ご馳走様でしたー!宿題やってくる!」


拓哉「あ、明日行くから!」


「あ、おけ!じゃあ、あなたの荷物持ちねー!明日、念のために色々用意してくから!」


拓哉「はい…」


母「じゃあ、宿題頑張って!」


「うん!」