無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

今日だけは・・・・今日だけでいいから
爽
今日土曜塾なんスけど、
行きたいのに親に
それよりも家事しろって言われてたんスね?
そしたら祖母が学校に
体調のせいで行けてないんだから
行ってきなさいって。
父の弟さん(以後、おじさん)も
体が弱いのは自分と一緒なんだから、
行けるときに行っといた方がいいよとか
すっごい理解してもらってて、
嬉しい反面まだまだ未熟だなとか、
こんな俺が生きてていいのかなとか
考えるし、まぁそんな状態で
テスト勉強しろとか言われても
身に入ってないし、
体調直せって言われても
そもそも寝れてないの親のせいだし、
その癖して本人達はあつ森やったり、
テレビ見たり、楽しそうだよな。
爽
今日だけでいいから、
死にたいと生きたくないって
自由にさせてくれって
受入れてくれとも言えない。
これでも実の親。
妹だって居るし、抱えてるものが
多すぎて素直になれる訳ないじゃん。
俺ってどこで間違えたんだろ・・・・?
爽
しんみりしてるけど学校は行かなきゃな
ん〜音楽でも聞きながら行こうかな〜?
でもな〜学校禁止だからな〜
もしバレたら終わりか。まぁでも
いいか別に持っていっても←
いいよね?怒られても聞こえないし。あ〜
でも大学生の先生結構ゆるゆるなんだよね
すっごいゆるゆるだから←
通ってる学校が厳しいのか
先生がゆるゆるすぎるのかわからん←
爽
まぁまた後でね