無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

story14









柳川「はぁ!?一之瀬!お金持ちなのかよ!?」











『いやいやいやいや!!!私に聞かれても!?!?』




柳川「いや、自分の事だろうが!」









いや、ほんとに知らないし!










私の家は金持ちじゃないと思うよ!?










真由はなんの冗談を言ってるんだ!!













『ちょ、真由!タチの悪い冗談はやめてよね!』













柳川「え、冗談なのか?」








真由「いや冗談じゃないよ」
















いやいや!冗談でしょ?!?













真由「…あぁぁ!!思い出した!!、柳川ちょっと耳貸して」










柳川「あぁ」













柳川と真由がイチャイチャしてる。
















私に聞かれたくないのだろうか。















もういいもん!先にご飯食べとくもんね!!











あーむ、もぐもぐ…あーむ、いつも思うけど美味しいお弁当。



















今日はおかんが作ってくれたっけ…?
















おかんに感謝!だね。

















すると



柳川「はぁ!?!?!?それこいつは知らないの?」










真由「今の様子じゃ知らない様だね」










柳川「まぁじか、俺凄い奴と友達じゃん」








真由「うん、私も思う、」












なにさ、2人で仲良く喋っちゃって、私も混ぜてくれてもいいじゃんか。




















『ねぇ真由たち何話してたの?』










真由「んー、秘密!」









どうして教えてくれないのかな








『…そっか、早くしないとお昼終わっちゃうよ?あと10分で、』










柳川「うぇぇぇえ?!?!?早く言えよ!」








真由「急いで食べないと!!」









と、切羽詰まった様子で食べ始める真由と柳川。















私はもう3分の2食べ終わったし、ゆっくり食べて大丈夫、と思う。


















『ねぇ、真由』












真由「ん?」











『また、教えてね、、』










真由「うむ、むごむごごご」














『ふふ、口の中が無くして喋りなさい』











口をリスみたいにして私の質問に答える真由














なんとも愛らしい姿。









つい、口元が緩んじゃう。


























その様子をご飯を食べながら見てた柳川、なんともほっこりしたとかしてないとか。














next→→→