無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

story29
























赤葦京治
昨日はそんなに喋ってませんから
赤葦京治
あなたさんとはやく逢いたいのに逢えなかったですからね
あなた
あれ??赤葦君怒ってる??笑
あなた
いやぁさ、先帰った事はごめんじゃん
赤葦京治
怒ってませんよ。ただ、ちょっとだけ構って欲しかったなと
あなた
もう、welcomeよ!赤葦君なら!
あなた
私赤葦君に甘えて欲しいよ!最近赤葦君の方が年齢上?ってなるときあるもん
赤葦京治
善処します笑



あああああああ赤葦君が"笑"を使ってるだとッッッ!
















きゃわいい((









もう1回言う、きゃわいい(((言わんでええ






















赤葦京治
あなたさん
あなた
なんだい?
赤葦京治
あなたさんの事結構好きですよ
あなた
私も好きだよ!






………あまぁぁぁああぁああああいい!!!!!














なんだ!なんなんだ!!!









このっ! バカップルみたいな会話は!!!


















めっちゃ幸せなんですけどぉ⤴︎︎︎


















『うふふ、うふふふふふふふ』
















母「きもちわるいよあなた」












あ、おわた









おかんいるの忘れてた☆((





















あなた
じゃ、赤葦君!学校の準備するから落ちるねん
赤葦京治
はい、忘れ物しないように。










さすが私の旦那様















next→→→






結構好きですなのに"好きです"しかみえてないあなたちゃん。



"結構"と云うのが見えてないあなたちゃん((