無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

story28


















次の日の朝、例の音がドデカい目覚ましで目が覚めた私













今日はすっごく目覚めがいい。











パッとスマホを見ると赤葦君からメッセージが届いていた。



























赤葦京治
おはようごさいます。今日は必ず一緒に行きましょうね。早く、逢いたいです。




…………………………(思考停止)































いやまって、























…ぎゃぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!!!(








惚れてまうやろッッ!!!!!!











あ、もう惚れてたわ、てへ(












逢いたいて!漢字かっこいい方の逢いたいじゃん!?















私も逢いたいぃぃぃぃい!!!!!!














ちょっと自分が何言ってるかわかんないけど、とりあえず返信返信と…、

















あなた
おはよ!
赤葦君が逢いたいって言うの珍しいね!いつも私が言ってるもん笑
あなた
私も逢いたいよぉ!!!
あなた
昨日居れなかった分今日一緒にいよーね笑笑









やべぇよ。はじーよ


















"逢"って漢字いいよね。








なんか運命みたいな?巡り会うみないな?











偶然じゃなくて必然みたいな?感じがする










メッセージに返した1分後に返信がしきた。




















next→→→






"逢"こっちの方が大人な感じするよね(