無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

story39











『お、大人を舐めるんでない、!///』








赤葦「1歳しか変わらないじゃないですか」







『と!としうえ!/////』








赤葦「はは可愛い」













『グハッ(吐血)…やばい…急なタメはいかんぞ…心臓に悪い…』










赤葦「え、あなたさん?!大丈夫ですか?!」

















『oh......赤葦君が心配してくれてるなんて…もう天に召されてもいい』















赤葦「な、何ゆってるんですか」
















「あのぉーそこのバカップルは何をしてるんですかね?」











『あ、真由ちん______と柳川』


















声がした方を見てみるとなんかこっちを見てイラついてる?2人がいた。























柳川「いや!今俺付け足しだったよね!?ひどくね!?ひどいよね!?」



















『ちと黙っておくんなまし』














「何の口調だy……すいませんした」









柳川がまたなんか喋ったのでギランと柳川を睨んだ。











ハハ私最強、!((



























next→→→