無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

story45












やややややばいよ!学校でキスしちゃったよおおおお!











これは墓場まで持って行く物件だよ……



































あの後、唇が離れた瞬間にタイミング良く先生が入ってきて、"あら、起きたのね、大丈夫そうなら教室に戻りなさい"と言われたので、








私達はすぐさまに保健室を飛び出した。もちろん、目なんてちゃんと観れるはずなく"じゃまた帰る時に""はい"って会話をして教室に戻った。














どちゃくそ恥ずかしかったな。















んで、今は部活。絵を描いている













はは、まだ動揺してるよ…(震)



手がブルブル震えるよ…(震)









真由「大丈夫?手震えてる」








『なんか今日は手が震えるDayみたい』









真由「なんじゃそりゃ」










うん、私も分からない







真由「…無理はしたらダメだよ、倒れたんだから」










『うん、分かった。ある程度頑張る』











真由「ん、」







そう言い去ってった真由ちん。









たまああにおかんかよって思う時がある(





ほんのたまあぁぁぁぁにだから













next→→→





えええっと、ストックが無くなったので、1日1回更新にします。あ、ストックが溜まってきたら1日2回更新に戻すのでご安心を。







みたらし______。