無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

story24









赤葦side

















「今日帰れなくなった理由…?」













『はい、そうです。ドタキャンでしたよね』










「まぁそうだね。」













「…ぇっ…と、ドタキャン…した理由…は」














「えっと、、んー、、、」












悩んでるあなたさん……








やっぱりもう俺に興味が無くなったのだろうか。



















『もう…嫌いになりましたか?』











「、、んーん!それは無い!そんな事ある訳ない!」








………良かった





…じゃあなんで…









『…じゃあ、何ででしょうか』







「あのね、今日赤葦君さ告白されてたでしょ?」












『そうですね、されました。どうして知ってるんですか?』





内心凄くビクリとした。









「いやぁ、たまたま通りかかったら告白現場目撃してびっくりしたよ。」







見られてた…?














「しかも赤葦君がされてて、、なんか心がモヤモヤして。私の彼氏なのに…どうして告白するの?ってなってさ、そんな事思ってる自分が見苦しくなった。惨めだった。ちょっと1人になりたかったから…。先帰ったんだ…」



















「………」






もしかして、












いや、もしかしなくても…、嫉妬?










…嫉妬してくれてるのか?













ふふ、やっば可愛い










next→→→





皆さん!地震大丈夫ですかね???


僕が住んでる地域は関東ではないのでだいじょぶです!



いやあ、今の時間投稿したので次は明日の夜に投稿すると思います(((