無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

story10




赤葦君と別れたあと









『真由ぅぅぅぅうう!!』












真由「ちょギブギブギブ!」














教室に向かってる途中目の前に真由が居たから、走って真由の所まで行き思いっきりバックハグをかました













『おはよ!!』















真由「おはよ、てか早く離してくれないかな?」








『…ちぇ』










…真由にそう言われたので仕方がなく離す










『…あ、そうだ!、彼氏の事教えてよ』











「え〜、…もう別れちゃったからな」←














『うぇ!?昨日の今日で!?別れたの!?』







真由「うん」







『失恋とかしてない…?大丈夫?』









真由「…大丈夫よ、私が振った方だから」














『……そか』



















真由「……うん」












『………』












『着いたね…』











真由「そうだね」











なんだ、なんだこの感じは…!











なんてこじんまりしてるんだ…ッ!←






























でも、無言になっても気まずくならないのは真由だからだろう























教室にはいって、クラスメイトに挨拶をする。
















真由に"じゃあまた後で"と言い自分の席へ向かう。
















自分の席へ着くと柳川が声をかけてきた。
















柳川「おっはよ〜」









『うぃーす』







柳川「今日は赤葦京治と来たの?」













『今日はじゃなくて今日もですけどね!』









柳川「うっわ、リア充爆せろ」






『お口が悪いでござんすよ』








柳川「喋り方…」








『気にするでない』









そんな事を話していたら先生が来て授業が始まった。











next→→→