無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog























『ねぇ、赤葦君!』











「なんですか?」











『好き!』











「そうですか」





『え!?反応薄ッッ!もっとなんかないの!?』









『可愛い彼女が言ってるんだよ!?(』












「あ、ありがとうございます…?」







『え、私達付き合ってるんだよね?』













「まぁ、はい」



















『私のこと好きじゃないの?』











「…いや、好きですけど…///」

















『照れてる!』















「照れてません」((キッパリ






















こーんなかんじの日常、覗いて見ませんか?































~設定~















一之瀬あなた







梟谷高校三年生






顔、中の上くらい


まぁまぁ可愛い






赤葦京治の彼女



























next→→





語彙力皆無の人が書きます(?)








こんな作品ですが宜しくお願い致します








みたらし_______________