無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

story35
















先生「はーい!今日はバレーボールをします、まず最初はボールに慣れましょう。2人1組のペアを作ってボールを取りに来てください」













準備運動も終わり、軽く額に汗をかいた時、先生の声がグラウンドに響いた。


















真由「あなた〜ペアなろーぜ」







『もちもちろんよ』








真由「なにそれ笑」









『クレパスしんちゃんがねオムライスの事をオムオムライスって言ってたから、それの真似』









しんちゃんが"おらオムオムライスたべたい"って言ってたの、どちゃくそ可愛よかった












ほんとに吐血しそうになったからね、?











真由「まだそんなの観てるの?お子ちゃまじゃん」










『いやいやいや、しんちゃんは大人でも子供でもハマるよ??映画なんて泣かずには居られないからね??』








真由「ああ、それはわかる。トラえもんはの映画は友情物語だけど、クレパスしんちゃんは家族の絆?みたいなのよね。ロボットとーちゃんなんかは泣けた」










『分かr((』









先生「そこ、早くボール取りに来なさい!」











『「はーい」』









真由「私取りに行ってくるね」












『お、ありがと!』



















next→→→