無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

story48














____________


______












家に帰り、部屋に直行する。

制服も脱がずにベッドにダイブ。












あれ?デジャブじゃね?と思った方はイエローカード、もしくはレッドカードで即退場


















にしても、赤葦君の好きは破壊力やばいよ














あれだけで国1つ潰せる、絶対に














『……はぁぁ…』







どうしてため息をしてるか分からない







身体的には大丈夫なんだけど精神的に疲れてるんだろうな









………………………………









………ア"ァ"ア"ァ"ァ"ア"ァァァァ!!(











今日!赤葦君とキスしちゃったんだああああ!!!













え?無理なんだけど?キスしたこと忘れてたんだけど???










赤葦君の唇柔らかかったんだけど????(変態)















………もう1回したいな(((((





もっと赤葦君を感じたい…。












こんな事思うってそれほど赤葦君の事が好きってことよね、!別にキモくないよね、!当たり前の気持ちだからね?!











































『__って私、何考えてんだ』











next→→→