無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

story46




















『はぁぁぁぁ』









真由「ほんと大丈夫?」











『うん、だいじょぶよ』










今から赤葦君と帰らないとダメなのか…












嫌ってわけじゃないんだけど、はずかしいじゃん?初めてだったんだし…。















ハハ、初めてが学校の保健室なんて笑えねー((







ロマンティックの"ロ"もないじゃんか。













でも、ちょっとでも赤葦君と近ずけたんならいいけどね…。

















____________


______










部活時間が終わり、真由と一緒に下駄箱に向かう。
















真由「いやあ、あなた今日は濃い一日だったね」











『だね〜、すごぉおおい1日だったよ、もう1週間がたったみたい』







真由「そんなにか(笑)」









笑い事じゃないよぅ。











真由「あ、旦那様じゃん」








『え、?』










_______________真由が見てる方を見てみると、赤葦君が立っていた。

































next→→→