無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

story33










無事更衣室につき、着替える












『真由ちん真由ちん、今日は何するのかな』










真由「んー、何するのか分からないけど、運動場でなにかするみたいだよ」










『そっか、何するんだろーね』










真由「そだね、」











それくらいの会話をし、黙々と着替える。










着替えは5分くらいで終わった。











『真由ちん、もう行ける?』









真由「後ちょっと、、………………よし、行こ」











『うん、てかあと5分で運動場2週走らないとダメじゃん!』










真由「まじ!?急ご!」











それを言った途端に走り出す真由。











『ちょっ待てよ!』((











そして私は真由を猛スピードで追いかける

























真由「はァ、はァ、はァ、疲れた」







『ハァ、ハァ、ハァ、ま、間に合って良かった……』









真由と追いかけっこ見たいになりながら運動場を2週走り終えた私達。









すっごい息が上がる。



















幸いな事に真由と私は運動が得意なので、5分以内にギリギリ走り終えた。






















『あれ、男子も、ハァ、運動場使うの?』











真由「そう、見たいだね」










ようやく息が落ち着き、会話を始める。













真由「あれ、あそこに居るのあなたの旦那じゃない?」










旦那?…ああ赤葦君のことか、









『ほんと!?』







真由「うん、あそこ」




と男子が居る方を指をさす


















指を指した方を見ると、赤葦君がいた。









『マジじゃん!』














next→→→