第14話

9話
185
2024/03/12 08:48
それは人格を無理矢理
一つの人格にするんじゃ
人格を一つに?どゆこと?
ゴーゴリ
まってそんなこと出来るの?
一人の人間は一つの人格しか入らず
器が小さすぎるのが問題なんじゃが
器を変えることはほとんど不可能に近いんじゃよそれなら、人格を一つにしたほうが手っ取り早くて可能なんじゃ
器がだめなら人格を変えるのか…
ゴーゴリ
それってどうやるつもり?
そう簡単にできそうなことじゃないと
思うけど…
思ったより簡単かもしれんぞ
原作のニコライ・ゴーゴリはノリが良くて面白い人格でお主もそんな感じじゃからな
ゴーゴリ
いや僕はゴーゴリみたいなサイコパスじゃない!
他にもゴーゴリはちょくちょく暗い感じがあって「鳥のように自由になりたい」という考えになってしまったという事はもとはこのような人格じゃなかったかもしれないから怪しいんだよ。
ゴーゴリ
子供の頃のゴーゴリの人格って
原作と同じとは限らないじゃん
それはそうじゃがその頃の人格は原作ではでていないから人格は原作をモデルにしているんじゃよ(伝われ)
ゴーゴリ
な、なるほど…
よくわからんけどまぁいいか☆((よかねぇ
モブ
A)ゴーゴリ〜いる〜?
奥から僕を探しているのかAの声が聞こえた。

ヤベもうこんな時間
ゴーゴリ
じゃあまた明日
うむ
夜だよ☆
ゴーゴリ
本当にこの世界は楽しいな~
なぜ死にかけたりしても楽しいのかって?そりゃゴーゴリはなんか過去で死にかけてそうなキャラだけど、それはそれでスリルがあるからダヨ!←やっべぇ奴
そんな事を考えたら眠くなってきたからねよ。
ゴーゴリ
( ˘ω˘)スヤァ…
なんかもう面倒くさくなってきt((殴
主
いッッッッた!
さっさとしろ
主
ハイ
ゴーゴリ
ん…
もう朝か…起きたくないぃ…
ゴーゴリ
あと5分だけ寝よ
このときの僕はこの二度寝が原因で面倒なことに巻き込まれるとは思ってもいなかった。
ゴーゴリ
やばい…今回はやばい…
やぁやぁみんな!僕はピンチだ!
何故かって?それはさっき二度寝したせいで寝坊し集合時間に間に合いそうもないからだ!( ・´ー・`)どや
それだけだったら大丈夫なんだけど、モブCっていう人がめっちゃ怖い人なんだよ。
僕が集合時間ギリギリに来るたびに怒られて…最初は注意するくらいだったんだよ!でも回数を重ねるうちに厳しくなっていって、今回は遂に殺されるかもしれない。
まあ全て自分の自業自得なんだけどね☆
??
…この商品なんですが…
急いで廊下を走っていたら人の声が聞こえた。

商品とか聞こえたからサーカスで使う道具の話でもしているのかなと思ったがすぐに辞めた。
嫌な予感がするからだ。
普通はそのような商談は応接室などでする筈だからだ。
となると今ここで行っている会話は密会の可能性が高い。
僕は好奇心を抑えられずにあの密会を聞くことにした。
??
そうだな、そろそろ見頃だろ
??
(ΦωΦ)フフフ…
うわ…
明らかに悪い話してるじゃん。
ん~~?この声聞いたことあるぞ?
ゴーゴリ
…ゑ
ミハイルの声だ。
あの悪そうな声はミハイル以外に知らない。
組織のボス
誰だ!
ヤベ、さっき声出しちった。
シュッ
僕は反射的に異能を使って逃げた。
??
誰かいましたか?
組織のボス
否…逃げられたようだ
??
何者かに聞かれてしまいましたか…
組織のボス
だがこれが落ちてたニヤ
そう言ってミハイルは床に落ちてたゴーゴリの髪ゴムを手に持った。
ゴーゴリ
遅れました!
モブ
C)おい!
今日という今日は許さないからな!
ゴーゴリ
ヒュッ
やっぱり間に合わなかった…
寄り道さえしなければとは間に合ったかもしれなかったのにと、過去の自分を恨む。
モブ
A)あらら…
モブ
B)プッ…クク…
A!そんな哀れみの目を向けないで!
そしてB!後で覚えてろよ!
その後はCに説教されたことしか覚えてなかった。
あの鬼のような面はどうやって出すんだか…
ゴーゴリ
(´Д`)ハァ…疲れた
モブ
A)お疲れ様〜
モブ
B)お疲れ(笑)
ゴーゴリ
てかB!さっき笑ってたよね見てたよ
モブ
B)何の話〜?
その後はそれといった変わったことは何もなかった。
そう…





















影から僕のことを除いている人を除けば。
??
クク…あいつが標的か
主
助けてくださいネタがありません
今のところ順調そうじゃないのか?
主
そっちじゃなくてなんの
神様にするかの件ですよ
主
このままだとバカか暇人かオタクの神になってしますよ!
しかも全てお主の姉がコメントしておるな
主
それ言わないでください!
その一つはお主が半分冗談で姉に言った
やつでわないか
主
本当に打つとは思わなかったんです…
主
ですのでなんの神になるかはこれからの
コメント次第です
主
どうかお願いします_(._.)_

プリ小説オーディオドラマ