無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

367
2022/03/30

第6話

松下村塾の悪ガキども
ある日
晋助
晋助
ここは今日御役所に焼き討ちにされる
晋助
晋助
俺が引き起こしたことだ、すまねぇ
灰野 百合
灰野 百合
まぁ、いつかはそうなると思っていたけれど...
銀時
銀時
別にお前のせいじゃないだろ
晋助
晋助
お前たちはここから逃げろ
晋助
晋助
短い間だったけどありがとうな
ダッ
銀時
銀時
百合、松陽に言っといてくれ
灰野 百合
灰野 百合
無理はしないでね
銀時
銀時
ああ
灰野 百合
灰野 百合
どうやら晋助の元寺子屋の子達が告発したそうです
吉田松陽
吉田松陽
ここの子達は早いうちに親御さんに返しましょう
灰野 百合
灰野 百合
銀時たちはきっと無茶をしますよ
吉田松陽
吉田松陽
ええ、知っています
吉田松陽
吉田松陽
大丈夫ですよ、彼らの手は汚させません
灰野 百合
灰野 百合
!、(ニコッ)
吉田松陽
吉田松陽
百合、君はどうする?
灰野 百合
灰野 百合
私はあのときから先生ついて行くって決めてますから
吉田松陽
吉田松陽
 ふふっ、では行きましょうか
灰野 百合
灰野 百合
はい!
(御役所)ザッザッ👣
晋助
晋助
止まれ!
(御役所)なんだお前たちは
銀時
銀時
吉田松陽が弟子坂田銀時
小太郎
小太郎
同じく桂小太郎
晋助
晋助
同じく高杉晋助
(御役所)くっ、松下村塾の塾生めが
(御役所)やれっ!
吉田松陽
吉田松陽
抜かないでいただけますか?
吉田松陽
吉田松陽
あなた達が気に入らないのであれば私たちはここから出ていきます
吉田松陽
吉田松陽
ですが、もしその剣を彼らに向けるのならば
吉田松陽
吉田松陽
私も...本当の鬼にならなくてはいけません
(御役所)(ゾッ)
銀時
銀時
はっ!
銀時
銀時
おい、松陽後ろ!!
(御役所)おらああ
(シュッ)

クナイが御役所の顔をかすめる
(御役所)ひいっ!
銀時
銀時
百合...
木の上から見下ろしている百合
灰野 百合
灰野 百合
(ギロッ)
(御役所)(ゾッ...)
吉田松陽
吉田松陽
百合大丈夫ですよ、ありがとう
(御役所)お前ら引くぞ!


御役所の者達は去っていった
吉田松陽
吉田松陽
子供たちは全員親御さんに返したはずなんですけどねぇ
吉田松陽
吉田松陽
全く無茶をするものです
吉田松陽
吉田松陽
あいにく寺子屋は無くなってしまいました
小太郎
小太郎
何を言うんですか、先生が行くところが我らの寺子屋です
晋助
晋助
俺ももう帰る場所なんてねぇしな
銀時
銀時
まっ、俺らは元々お前に拾われた身だし
灰野 百合
灰野 百合
うん(ニコッ)
吉田松陽
吉田松陽
ふっ笑
吉田松陽
吉田松陽
子供が半端もんを言うなんて100年はやい
ばんっ ばんっ ばんっ
桂 高杉 銀時 が先生の拳を受けて地面にうまる
灰野 百合
灰野 百合
ふふっ笑(ニコッ)
吉田松陽
吉田松陽
ようこそ松下村塾へ(ニコッ)