無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,640
2020/08/17

第5話

5話 ぴくとの前世と思い
ミルク
あなたが自殺したすぐ後の時間軸
ぴくとside
俺は人前で話せないし、コミュ障だし。人の多いところは苦手。友達も少ない

いわゆる陰キャだ

そんな俺には、小学校の時からの幼馴染であるあなたが居た。

あなたは頭が良くて、人気者で、どんな人にも分け隔てなく接していたし、自分の意見を通せる芯の強い人で…いつも冷静だったし、いつも笑顔だった

でも、いつもどこかつまらなさそうだった

そりゃそうか、天才が凡人の中にいてもつまらないよな

あなたは、いつも俺と話してくれた。もっとすごい人とつるめばいいのに、俺と接してくれた

だからあなたの行く学校に行きたくて死ぬほど努力した。俺は天才じゃないから血を吐く思いで努力するしかない
努力が報われて、中高同じ学校に受かった時は泣くほど嬉しかった
モブ
お前喋れねぇのかよwwおーいww
モブ
もしもしー?ww聞こえてますー??ww
ぴくと
…あっ、ぅ…えっ、と……
あなた

お〜い、何やってんの?

モブ
あ、あなた〜!こいつ友達いないから俺たちが友達になってやろうと思ってw構ってやってんだよww
あなた

へー!じゃあ私も君たちの友達だから構ってあげるよ((ニッコリ))

モブ
ビクッ))……あ、いや、それはちょっと
あなた

嫌なの?

モブ
すんませんしたあああああ!
あなた

あ、逃げた。あのさー、お前もうちょっと自衛できるようになれよw

ぴくと
ごめんwwありがと
中学生の時、陰キャなことでいじめられているのを助けてもらった
何回も、何回も

どれだけ迷惑をかけても一緒にいてくれた

あなたは僕の神様だった





















ぴくと
…あなたが、自殺した……?
モブ
う、うん…なんか……
数少ない友達から聞いた。「あなたは自殺した」……と

それからの話はあまり覚えていない。あまりに衝撃的すぎたんだろう

色んな人が悲しんだ。親なんかはもうヤバかったらしい
そりゃそうだ、将来有望なのは勿論のこと、あなたを信頼する人も多かったんだし

みんなは
「やっぱ天才って考えが凡人と違うから」だの
「なんか悩んでたんじゃない?」だの
「いつも笑顔だったのに…」だの




……何も知らないくせに…………

あなたは偶に「つまらないんだよな〜、みんな」と零していた

あなたにとってこの世界は、すぐ飽きてしまう単純なおもちゃと一緒だ。長く楽しめないから、すぐにおもちゃを捨ててしまった
ぴくと
あなた…
あなたは俺の知らない色んなことを知っていた。色んなことを教えてくれた。

あなたはこんな俺のことを褒めてくれた。助けてくれた。

友達でいてくれた。ずっと一緒に居てくれた。

あなたのいない世界なんて考えられない
















……………そうだ
ぴくと
俺も死ねばいいんだ
簡単な話だ。俺があとをついていけばいい。いつもあなたはみんなの先を行っていた

俺はいつも追いかけていた

今回もそうすればいいんだよ


俺が死んだって、あなたが死んだ時のように悲しむ人は少ないし、将来有望な訳でもない。

陰キャが1人減ったって何も変わらない















死のう


俺は首を吊った
ぴくと
………ん…ん?!ここどこ?!
このタイミングは後追いかなんかかな?
ぴくと
はい?!
私は神、君は………うっわやばいなヤンデレかよ()
ぴくと
ええ……
神はなんでも分かるんだぞ!
神は、俺をあなたと同じ世界に暗殺者として転生させてくれると言った。そして、場所も教えてくれた。






あなた、待ってて






すぐそっちに行くから
ミルク
ここから時間軸が前話の最後に戻ります
あなたは疲れて眠った、あんな酷い目にあってたなんて…絶対許さない。死よりも濃い苦痛を………

次は俺があなたを守る。今までの恩返しだ
ぴくと
……このネックレス…
白い……えーっとなんだ?なんかの宝石?やべぇ疎いわ流石Fラン()
ぴくと
………俺の色…
………いや待って気持っち悪!!今なんて言ったよ!!俺きっしょ!!!


あーそれにしても寝顔綺麗だな……今寝てるしキスしてもいいかなー、いいよね別に、覚えてなけりゃ
ぴくと
………チュッ
うおおおわああああああ!!!やってしまった!!!!


ほっぺたに


あークソ、この陰キャ何やってんだよ口にしろよ()

てかもういつの間にか家着いてたわ〜も〜やだ〜
ぴくと
あなたー、起きてー
あなた

んん……

「んん…」って……朝は弱いのかな可愛いな
あなた

あ、着いた?

ぴくと
着いた着いた。あ、部屋用意してあるからついてきて
あなた

用意周到だな

ぴくと
まあねw
…あなたが俺の家にいる…いや、今までも何度か互いの家に遊びに行ったり来たりしたことはあったけど、なんか、ほら……うん(語彙力)
ぴくと
はい、ここ。飯取ってくるからすきにしてていいよ
あなた

分かった、行ってらっしゃい

ぴくと
いってきまーす
行ってらっしゃいとか同棲かよ(錯乱)
…さて、我々国のとこに調査でも行くかな…正直調べるだけで殺意が抑えられなくなりそうだけど、それは仕方ないよなぁ

殺らなきゃいいんだよ殺らなきゃ………いや別に殺ってもいいよな。よく考えたら殺っちゃダメな理由がわかんねぇわ





自分の手がどれぐらい汚れようが構わない




あなたの為なら
--------キリトリ線--------
ミルク
なんかめっちゃ信仰の対象にされてますね。あなたさん。
ミルク
皆さん実際にこんな風に好かれたいですか?
ミルク
私はこんぐらい偏ってても好かれたいですね〜。なんか便利そうだし
ミルク
では