無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

♡*゜
ぼっちだから、それだけでいじめるなんて、
この世の中は不公平なもんやな。
イメチェンでもしてみようか、
こんな、メガネ外して、
三つ編みほどいて、
スカートあげてみようかな、
そうしたら、ぼっちじゃなくなるかな、
少しは、みんな、仲良くしてくれるの?
でも、
いいよ、
うちは、
自分が生きたいように生きる。
あいり/りんご
ったぁ、
そのときだった。
黒板消しが、顔面に直撃してきた。
メガネを落としてしまった、
あいり/りんご
め、めがね…
メガネがないと、なんもみえない。
みんな知ってるはずなのに。
あ、そっか。
知っててこんなことしてるんや、
クラスの子
ねぇ、あいりちょー面白くない?
そんな声が聞こえてしまったんだ、
別に、、こんなのおもんない。
??
ちょっと、やめよ!
目、悪いの知っとるやん!
なんで他の人もとめないの?
あ、あの子、
す、すみれ?ちゃんだったよね、
あの子、話しかけてくれてるんだけど
フル無視しちゃってんだよね、
すみれ
大丈夫?あいりちゃん、
はい、めがね
あいり/りんご
あ、ありがとう。
久しぶりに感じた、
人の温もり。
なんだか、まさきに似てる、
落ち着けるんだ。