無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

♡*°
いつものように
きがえをすすめていく、
そして、ある写真を見つめた…
さいば、まさき、
今は、何してるの?
そう。私達は
中学で離れて、


それより前に、


うちの方が年上やし
連絡も取り合ってない。
今は高校生。
もう私の事なんか忘れとるわな…
あんなにね
すきやったのに。
そして私は学校へと向かった
私は、バスケ部のマネージャー
別に、バスケが好きなわけじゃない
この高校来てくれるって言ったから
2人の大好きなバスケにしただけ
ほんとに来てくれるの…?
高校でも、中学でさえ、


ひとりぼっち
どこでも、
クラスの子
あいりちゃん、
ひとりすぎて、他の人の声も届かず
それが原因で
いじめられてる
クラスの子
ねぇあいつみてよ!
またぼっちじゃん!
そんな事言われても、
痛くも痒くもないから、
あいり/りんご
1人の方が、裏切るとかないから

たのしいよ
なんて言っちゃうんだ。