無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

889
2018/03/20

第25話

濱田side
桐山
なんかさ・・・俺、目おかしくなったんかな。
7WESTのレッスン中、他のみんなは休憩で、水分補給してたら照史が首かしげながら近づいてきた。
中間
どしたん?
淳太君が聞くと、照史が目をこする。
桐山
いやなぁ・・なんか同じタオル何回も見んねん
そう言いながら僕の隣に座る。
濱田
もしかして、あのタオルのこと?
そう言って、僕らの前でリハする4人を指さすと、照史が目を見開いた。
桐山
・・そ・・そう。え・・?うわぁ~!同じ人が4人もおる~!!
いよいよ俺あかんわ、なんて叫んでる照史の頭を、淳太君が叩いてた。
中間
んなわけないやろ。お揃いのタオル持ってるだけやん
桐山
え!そうなん!?
中間
・・・どう見たってそうやろ
へぇ~・・と納得しながら4人を見つめる照史。
濱田
実はさ、お揃いのキーホルダーも付けてんの知ってる?
僕が言うと、今度は淳太君も「え!?」と僕を見た。
濱田
あ、知らんかったんや。7WESTって形の、キーホルダー。4人ともリュックにつけとるよ
中間
マジで!?
濱田
マジで
中間
あいつらどんだけ仲ええねん!!
桐山
あ!俺らもB.A.D.ってキーホルダー、お揃いのする~?
中間
ぜっっっっったい!せえへん!!恥ずいわ!
桐山
あ、照れてる~
中間
お前やっぱ頭おかしなったんか?

そんな2人を見て笑いながら、一生懸命リハをしている4人を見た。


いつになく、真剣な表情で、時々、お互い振りを教え合ったり、時々、声出して笑ったり。


そんな4人全員の首に、お揃いのタオル。



仲ええ4人を見てると、何やろうな、この気持ち、

なんか、あったかい気持ちになる。



仲のいい4人を見てるんが、僕は幸せ。


これからも、ずっと仲良しでおってや?