無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

876
2018/03/21

第27話

重岡side
初めての司会、初めての7WEST。

今まで何度も収録はしてきたのに、今日は今までにないくらいに緊張している。


収録が始まる直前、がたがたと震える手を、照史君がそっと握ってくれた。


桐山
しげ、しげはもう、1人じゃないねんで

そっと囁いたそんな言葉に、ふっと背中が軽くなって、泣きそうになった。




ユニットを組むということは、責任も増えるし大変なことも増える。


でも、


もう僕は1人じゃない。




7WESTという、仲間がいる。




照史君、淳太君、濱ちゃんという、仲間がいてくれる。


周りを見渡せば、関西ジュニアや、スタッフさんという仲間もいる。





大丈夫。



僕らしく、笑ってよう。