無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

896
2018/03/20

第24話

重岡side
神山
おっす!おはよ
重岡
おはよ~!
レッスン場の最寄りの駅で、神ちゃんと待ち合わせ。

リュックについてる緑のキーホルダー見つけて「覚えとったんやぁ」と笑うと、「当たり前やろ」って言われた。
重岡
心配なんは流星やな。あいつほんますぐ忘れるんやから
神山
意外と望も忘れそうやけどな。お揃いが俺ら2人だけやったらそれこそきしょいで
重岡
えっ!どっこもきしょくないやろ。神ちゃんとお揃い~って自慢できるやん!
神山
行き帰りも一緒でさぁ、それこそ危ない奴らやろ

そんなこと言って笑いながら歩いてたらレッスン場について、靴替えてすぐに見つけた二人。


ピンクと青のキーホルダー。
「」
覚えとった!!
二人で顔合わせて勢いよく二人の所に走ってった。

重岡
やったーやったー!お揃いできた!
リュックを見せると、3人も同じようにリュック見せて、

めっちゃ笑顔。
小瀧
せや!タオルも持って来たで!
望がリュックからタオル出して、一斉に僕も神ちゃんも流星も、タオルを手にした。


なんやこれ、なんかこそばい感じ。
重岡
恥ず~、やっぱお揃い恥ず~
僕が言うと、「なんやめっちゃうれしいくせに!」って望に引っ付かれて、

神ちゃんも恥ずかしそうにはにかみながらも「なんかユニットって感じや」って嬉しそうやし、

「今日はこれ首に巻いてレッスンや」って流星張り切ってるし、



俺ら、仲ええなぁ~!


7WEST最高やなぁ~!!