前の話
一覧へ
次の話

第1話

境界を操る妖怪との出会い
ガシャーン!
あなた

お母さんもうやめてっ!
お願い!

何言ってんのか?!あぁ?
お前のせいで私はご近所さんからも変な目で見られるんだよ!
あなた

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
お母さん、許して……

バシッ!
あなた

うぅぅ……

これから出かけてくるから、家の事しとけよ
あなた

……

返事は?!
あなた

はい、分かりました……

ガチャッ
あなた

もう、いやだ……こんな世界……
こんな家……

あなた

なんで私にこんな能力があるんだろう……
いらないのに……

もう死にたい……
自殺しようかな……
あなた

ひっく、ぐす

???
ねぇ、そこの貴方
あなた

ん……?

あなた

ってうわぁ!!!!

なに?この人
なんで家にいるの?
しかも、金髪で変な服きてる
あなた

誰ですか?あなた!

???
私は、八雲紫よ
少しびっくりさせちゃったかしら?
ごめんなさいね
あなた

まさか、泥棒ですか?!

違うわよ
私は、境界を操る妖怪なのよ
あなた

妖怪?

何言ってるの?!この人
ねぇ、あなた
あなた


なんですか

あなた、自殺しようと思っていたでしょ?
あなた


なんでそれを

ふふっ
もし良かったら幻想郷に来ない?
あなた

幻想郷って?

幻想郷は、なんでも受け入れてくれる場所なの。
もちろん、あなたのその能力もね。
あなた

私の能力を……?

ええ
こんな世界であのお母さんに暴力振るわれるぐらいなら、紫さんが言ってる幻想郷に行った方がマシ
あなた

……

あなた

行きたいです

なら決まりね
すると、突然地面に穴が現れて、私はそこに落ちていった
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
〜作者から〜
今のところ、東方要素しか出てないですが、他のアニメも出そうと思っています。もし、自分の好きなアニメなどがあったら見てください。
よろしくお願いします。