無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

三話
獪岳
獪岳
不死川,宇髄。
炭治郎
炭治郎
離せ ジタバタ
不死川
不死川
はい
宇髄
宇髄
はい
獪岳
獪岳
こいつをしばらく見てろ
炭治郎
炭治郎
離せジタバタ
宇髄
宇髄
御意
不死川
不死川
御意
不死川
不死川
行くぞ
不死川が抱っこする
炭治郎
炭治郎
離せ
不死川
不死川
静かにしてろ
不死川の部屋
不死川
不死川
ここに座れ
炭治郎
炭治郎
嫌だ
ドアの前に行く
宇髄
宇髄
不死川こんな玩具持ってたか?
不死川
不死川
それは,前にあいつにつかってた奴
炭治郎
炭治郎
カチャ
宇髄
宇髄
何処に行くんだ
炭治郎
炭治郎
帰る
宇髄
宇髄
別に出てもいいぜ。
でも,出てすぐ警備員だぜ。
ドアから手を離す
宇髄
宇髄
こっちに来い
炭治郎
炭治郎
嫌だ
不死川
不死川
じゃあ,これ使ってみるか
炭治郎
炭治郎
嫌だ
不死川
不死川
まだ使って欲しくねぇならこっちに来い
炭治郎
炭治郎
トコトコ
不死川
不死川
お前のベットだこん中に入れ。
不死川
不死川
入るのが嫌なのなら宇髄の上に座れ
炭治郎
炭治郎
中に入る
ドアの前に付ける
炭治郎
炭治郎
それ
不死川
不死川
初めて見るか?
炭治郎
炭治郎
コク
不死川
不死川
跨いで見ろ
炭治郎
炭治郎
ビリビリ痛い