無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話
獪岳
獪岳
指入れるのは,辞めてやる
炭治郎
炭治郎
ありがとうございます。
獪岳
獪岳
しかし,このバイブを入れろ
炭治郎
炭治郎
無理です。
炭治郎
炭治郎
(太すぎる)
獪岳
獪岳
理由次第なら変えてやる
炭治郎
炭治郎
こんなの入らない
太すぎる
獪岳
獪岳
これ,はいらねぇで,俺らのが入るわけないだろ
獪岳
獪岳
宇髄、カス呼んでこい
宇髄
宇髄
分かりました。
〜10分後〜
宇髄
宇髄
連れてきました。
善逸
善逸
なんでしょうか?
獪岳
獪岳
カスは、これを見たらどうすればいいのか新しい"玩具くん"に教えてあげられるよな〜。
善逸
善逸
はい。
獪岳
獪岳
じゃあ、よろしくな。
俺は、不死川と書類の話があるからな。
炭治郎
炭治郎
誰が新しい玩具だって ?          (*`Д´)ノ!!!
獪岳
獪岳
お前だよ。"新しい玩具くん"。
炭治郎
炭治郎
嫌だ。お前なんかの玩具なんかになりたくない。
獪岳
獪岳
そこまで言うなら、分かるまでお仕置きだな