無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

6
2021/09/18

第9話

真実
1年3組  教室
シーンと静まり返った教室…
星宮
星宮
………。
先生
先生
まぁまぁ、そんなに怯えないでくれよ
【星宮に笑顔で振る舞う】
星宮
星宮
それで…話ってのは何ですか…?
先生
先生
あぁ!!そうだった!!
先生
先生
まぁ君も何となく検討はついてるだろうけど、『校長』の話だよ
星宮
星宮
校長……
血溜まりの校長室で不気味な笑みを浮かべる先生が見えた
先生
先生
あ、そうだ。星宮君、君はいい話と悪い話どっちから聞きたい?
星宮
星宮
……悪い話から…お願いします…
先生
先生
んー悪い話は…校長はあの後死んだことだよ【唇に手を当てながら…】
星宮
星宮
えっ…!?だって…今日の開会式では…!!
先生
先生
あぁ…それは次期校長候補の奴がなったんだよ
先生
先生
前の校長は女遊びが酷いと、この学校では有名で誰もが嫌っていたからね…
先生
先生
そうゆう意味では皆んな嬉しがってるだろうよ【微笑む】
先生
先生
あ、でも君にとっては悪い話では無いか【顎に手を当て考える仕草】
星宮
星宮
で、でも…それなら何故…先生が…殺す…必要があったんですか…?
星宮
星宮
【声が小さくなる】
先生
先生
んーまぁ仕事の依頼かな?
星宮
星宮
依頼……?
先生
先生
おっと!!これ以上は話す事は出来ないよ!!あ、後いい話を言うのを忘れていたいたね
先生
先生
いい話は…俺が君の監視をすることだよ
星宮
星宮
………。
星宮
星宮
ゾッ…【先生から離れる】
先生
先生
そんな変な意味でじゃないよ!!(笑)
星宮
星宮
じゃあ、どうゆう意味ですか…?
先生
先生
んーまぁ俺が校長を殺してる所を見られちゃったから口封じ…それと…
先生
先生
【星見の耳元で…】
先生
先生
星宮君のその何かに…ゾッとする顔が好きになっちゃったから…【囁く】
星宮
星宮
ビクッ!!【耳元が赤くなる】
先生
先生
あれぇ?照れちゃった?【顔を離し笑う】
星宮
星宮
そ…そんなんじゃないです!!【耳元を抑える】
先生
先生
また〜また〜
星宮
星宮
……。 もう良いです…帰りますね
星宮
星宮
【鞄を持って教室から出る】
ガラッ…
先生
先生
あぁ〜あ〜帰っちゃった〜
先生
先生
ふふっ…じゃあね…星宮君…
先生
先生
また明日…
静まり返った教室に先生の声が響く…
………【続く】