無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

5
2021/07/29

第6話

クラス発表
星宮
星宮
(1年…1年…1年…あ、あった)
男子友だち
うわぁぁぁ!!俺、お前らと別なクラスじゃねぇかよ泣
星宮
星宮
んーあ、ホントだ《×××君↗1年2組 星宮・高海↗1年3組》
男子友だち
うぅぅ…お前と同じクラスが良かった…
星宮
星宮
そんな落ち込むなって!!てか×××のテンションなら友達くらい作るの簡単だろ?
男子友だち
いや俺はこう見えてテンションはお前らの時だけ高ぇの…だから…うぅぅぅ…
星宮
星宮
まぁまぁ…【背中を撫でる】
--------キリトリ線--------
校庭  体育倉庫裏
チャラ男(猿田)
チャラ男(猿田)
なぁ君、俺とデートしようよ?【体育倉庫裏の壁に壁ドンする】
高海
高海
(あぁ…やっぱり…何かあったみたいだな)
顔が引きつった女性とチャラそうな男が体育倉庫裏に向かって歩いていたので気になって見に来たのだ
???
や……やめて……やめて下さい…
チャラ男(猿田)
チャラ男(猿田)
んだよ?俺とデートするのが嫌なのか?【怪訝な顔】
???
い……嫌です!!
チャラ男(猿田)
チャラ男(猿田)
はぁ?俺に歯向かうとかムカつくんだけど?【殴り掛かろうとする】
???
きゃぁぁぁぁ!!
バン…!!
高海
高海
俺の女に手を出すとは…いい度胸じゃねぇかよ…【チャラ男の拳を掴む】
???
えっ…!!【急に顔を赤くする】
チャラ男(猿田)
チャラ男(猿田)
何だよ…おま…え…【顔が青ざめる】
チャラ男(猿田)
チャラ男(猿田)
ひっ……【逃げていく】
高海
高海
(あいつ、度胸無さ過ぎだろ)
???
あ、あの…
高海
高海
あぁ…すまねぇ、お前は…大丈夫か?
???
は、はい!!ありがとうございました!!
それで…あの…『俺の女』というのは…
???
【顔を真っ赤にして聞く】
高海
高海
あっそれは…アイツ(チャラ男)を懲らしめる為に付いた嘘で…なんかごめんな?勝手にそんな言っちまってよ
???
あっ…いえ!!ぜ、全然大丈夫です!!それでは…ありがとうございました!!【さらに顔を赤らめ逃げて行った】
高海
高海
(んー…申し訳ねぇ事しちまったな…)
高海
高海
とりあえず…俺も急ぐか【走る】
--------キリトリ線--------
1年3組  教室
星宮
星宮
(はぁ…昨日あんな事があったのに…皆んな知らないでこの高校に来てるんだよな…)
星宮
星宮
(てかアイツ…遅すぎだろ間に合わねぇぞ…)
ピンポンパンポーン…
『これより、開会式を始めたいと思います…生徒の皆さん席に…』
星宮
星宮
(あぁほら始まったぞ)
ガラッ…
高海
高海
危ねー危うく初日から遅刻するところだったぜ…【星宮の近くの席に座る】
星宮
星宮
おい高海、開会式ギリギリだぞ?
お前のくせに時間に遅れるとか珍しいな(マイペースだけど…)
高海
高海
んまぁ、色々あって…後から話すからとりあえず開会式の放送はちゃんと聞こうぜ?【体を黒板に向け向き直る】
星宮
星宮
あぁそうだな
ツーツー…ガチャ…
『開会式の挨拶 校長先生お願いします』
星宮
星宮
!?
高海
高海
………。
………【続く】