無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

7
2021/07/29

第5話

高校生活
〇〇高校  校庭
男子友だち
やっほーーーーい!!
星宮
星宮
やっほーーーーい!!
高海
高海
おいおい…さっきの陰キャさはどうしたんだよ…【小声で呟く】
星宮
星宮
ん?高海?なんか言ったか?
高海
高海
ん、いや…何でもねぇ…
校庭には桜が満開に咲いており、花弁が沢山地面に落ちていた
他にも各部活の勧誘人が少し進んで行くにつれて、星宮達を捕まえる
勧誘人
ねぇ!!君、良い体格してるねぇ!!
良かったら『柔道部』に入ってみない?
星宮
星宮
えっ…!!俺ですか!!へぇ…柔道部か…
高海
高海
【星宮の頭にチョップする】
高海
高海
お前のその小さい体じゃ柔道なんてとても無理だろ?(笑)
星宮
星宮
あ?何だよ…別に夢ぐらい見ても良いだろ?【高海の下から睨む】
勧誘人
えっ……あのぉ…喧嘩は……
男子友だち
ほらほら?2人共顔が怖過ぎて勧誘人さんが怯えてるよ?
星宮・高海
あっ…
星宮
星宮
すみません!!俺の失礼な親友が迷惑かけてしまって…【頭を下げる】
高海
高海
すみません、この馬鹿な親友が迷惑かけてしまって…【頭を掻きながら】
星宮・高海
あ?【互いに睨む】
男子友だち
ほらぁ…また…てかそろそろクラス発表始まる時間じゃね?
星宮
星宮
あ、ホントだ、そろそろ行くか【歩き出す】
男子友だち
そうだな〜【後に続く】
ザワザワザワ…
高海
高海
【その場に立ち止まる】
星宮
星宮
ん?どした?高海?
高海
高海
お前ら先に行っててくれ、少し用事を思い出した【走り出す】
星宮
星宮
は?ちょ…高海?
男子友だち
おーい星宮時間がねぇ!!行くぞ!!
星宮
星宮
あっ!!ちょ待てよ!!【追いかける】
………【続く】