無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🤡
後ろから奇妙な声が聞こえた気がした。←
あなた
あなた
…グク、行こ!
グクの腕を引っ張って前に進む
グク
グク
行っていいの?
あなた
あなた
いいy…
ジミン
ジミン
なんでそんな事言うの?あなたちゃん♡?
やっぱりオマエだったか、パクジミン。←
あなた
あなた
なんですかジミンくん♡?
思い切りぶりぶりしてジミンくんに迫る。
ジミン
ジミン
あなたちゃん積極的だね!ww
なんなんだコイツ←
何から何までムカつく←
グク
グク
あの〜僕空気ですか?
あなた
あなた
は?人が急に空気なれる訳ないじゃん(・Д・)
なんかグクまで変になった?
グク
グク
ジョ、ジョークだよ。ジョーク
あなた
あなた
グク、一つ言わせて、
グク
グク
何?
あなた
あなた
そのジョーク、面白くない。
グク
グク
…えっあなたなんでそんな事言うの?泣くよ?
あなた
あなた
てか、パクジミン、用件はなにさ?
ジミン
ジミン
そのパクジミンってやめて、ジミンって呼んで!
あなた
あなた
…気が向いたら
ジミン
ジミン
…もうっ、あ、それで用件は僕と付き合って?
あなた
あなた
…は?
グク
グク
パクジミンくんそれは僕が許さないよ😊
あなた
あなた
なんで私なんだよ?
ジミン
ジミン
えっ好きだからに決まってんじゃん!
あなた
あなた
無理だよ!
そう言ってグクと一緒に今度こそ校舎に入った。
??
チッ、なんなのあの女。ムカつく。
この後自分に降り掛かることを誰も知らなかった。