無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3💚
玲於
玲於
一緒の席で食う?
あなた
あなた
う、うん
玲於
玲於
じゃー来なよ。つうか来て
正直、結構嬉しかった!
好きな人と一緒の席だよ!
玲於
玲於
何ニヤニヤしてんの
あなた
あなた
なっ、してないし
玲於
玲於
そっかー
それからそれぞれ食べたい物を注文して、届きました。
が、なんだか玲於の顔が変なんです。
あなた
あなた
玲於、食べないの?
玲於
玲於
食うけど、あなたのも食いたい。
あなた
あなた
えっ(;゚Д゚)!
玲於
玲於
だって食いたいもん
あなた
あなた
まぁ、いいけど...
そう言ってお皿を渡すと......
玲於
玲於
しゅん( ´・ω・`)
あなた
あなた
えっ(;゚Д゚)!
なんで!
あー、多分あーんして欲しかったんだ!
でも、
あなた
あなた
恋人じゃないからしません!
キッパリ断った。
玲於
玲於
だよな〜
あなた
あなた
何、あーんして欲しかったんだ〜(   ¯꒳¯ )
玲於
玲於
もう、それはいいわ!
こうして、ちょっとHAPPYな昼食は終わりました。


よし、帰ろう思ってたら....
玲於
玲於
やっべ、社員証忘れた!
あなた
あなた
えっ(;゚Д゚)!
バカ?
玲於
玲於
バカじゃねーよ!
玲於
玲於
でも、本当にどうしよう(;´Д`)