無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5💚
玲於
玲於
よし、行くか!
あなた
あなた
うん!
会社に入ると、そこに待っていたのは......
隼
隼
玲於〜
玲於
玲於
隼!
隼くんだった。

最年少コンビ画になるな〜
なんて1人で思ってました(笑)
玲於
玲於
隼〜、俺の社員証は?
隼
隼
それなら持ってきた!
玲於
玲於
ありがと〜、助かるわ。
隼
隼
じゃー、俺楽屋戻るね。
玲於
玲於
あ、隼、今楽屋誰か来てる?
隼
隼
いや、誰も来てないよ。
玲於
玲於
じゃー、一緒に行くか!
あなた
あなた
えっ(;゚Д゚)!
ダメじゃない?
玲於
玲於
いいの、お詫びにも何にもならないけど、来ていいよ!
あなた
あなた
じゃー、お言葉に甘えて
こうして、楽屋に行くことになりました。
しかし..........
玲於
玲於
ごめん、ちょっとトイレ行ってくるー、待っててね。
玲於
玲於
先に楽屋行っててもいいよ👍
あなた
あなた
わかった(○´3`)ノοκ
でも、行き方わかんないや笑
とりあえず、受付の人に聞いてみよ
あなた
あなた
すいません。
GENERATIONSの楽屋に行きたいんですけど
受付係
受付係
それなら、4階の左から2つ目の部屋ですよ。
あなた
あなた
ありがとうございます。
とりあえず、エレベーターに乗って4階へGO!

着いて降りると、目の前には........
川村壱馬
川村壱馬
えっ(;゚Д゚)!、誰?
あなた
あなた
えっ(;゚Д゚)!、川村壱馬さん?!