無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10💚
涼太が電話しに行くと玲於が来て
玲於
玲於
楽しそうだな!
あなた
あなた
何が?
は〜( ´д`)💨これだから鈍感ちゃんは
玲於
玲於
涼太くんと話してるところ
あなた
あなた
うん、楽しいよ笑
玲於
玲於
あのさ、俺、あなたのこと、s
亜嵐
亜嵐
玲於ー、ゲームしよう!
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 




めっちゃいい所だったのに
玲於
玲於
今行く!
と、言って行ってしまった玲於。

















何言いたかったんだろう
涼太
涼太
ただいま、ごめん遅くなって
あなた
あなた
全然大丈夫
涼太
涼太
どうかした?
あなた
あなた
いや、さっき玲於がね、
あなた
あなた
あのさ、俺、あなたのことs
あなた
あなた
って言ってたのね
あなた
あなた
最後まで聞けなくて
涼太
涼太
あー、それね笑
あなた
あなた
涼太知ってるの?
涼太
涼太
まぁ、玲於の行動見てればわかるよ
あなた
あなた
どゆこと笑
涼太
涼太
それは、自分で気づきな
あなた
あなた
えー、涼太酷い
涼太
涼太
何がよ
あなた
あなた
色々と
あなた
あなた
(๑´0`๑)ファー
涼太
涼太
眠いの?
あなた
あなた
うん
涼太
涼太
確かに、もう12時すぎてるもんね
あなた
あなた
先に寝てもいい?
涼太
涼太
いいよ
あなた
あなた
ありがとう😊
涼太
涼太
いいえ〜、おやすみ
あなた
あなた
おやすみ
こうして、伊藤あなた





























就寝致します!