無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

好きで終わるはずだった。
638
2019/02/24 10:08
どうしよう。    





今思えば私告白なんてしたことないよ...!



どうやればいいの......!!?
ちらっとてお兄ちゃんを横目に見る。


そこには、電話で話している姿があった。
テオくん
テオくん
で、ここなんすけど、...あ、そうですそうです。
じんたんにも伝えて置いて貰えますか?
俺、その日予定合わなくて〜...。
あなた

......




__カッコイイ。



好きって意識し始めてから、てお兄ちゃんがどんどんかっこよく見えるようになってきた。






ファンが好きって言う気持ちが分かってきた。
テオくん
テオくん
ふ、嘘ですよねそれww
お世辞でも嬉しくないっすよwww
笑い声も、笑ってる顔も、








全部かっこいい。


しばらくぼーっとしていた。
テオくん
テオくん
あなた?


気がつくと、てお兄ちゃんの電話は終わっていたのだ。
あなた

あ、...終わった?

テオくん
テオくん
うん!
じゃーそろそろ行くかぁ〜
車に乗り込む。




二人きりの空間はもしかしたら今しかないかもしれない。




告白するなら今......なの、かな...。







でも、今はやめておこう。



気まずくなったら倒れちゃうよ......。
『ピリリリリリリリリリ』
てお兄ちゃんの携帯がなる。
テオくん
テオくん
あーもしもし?
おっかすぅ!!どーかしたか?
...電話の相手は有名youtuberのかすちゃんのようだ。
あなた

......

テオくん
テオくん
wwwTik Tokはまた今度なw
今度あったら好きなだけ撮ってやるからw
てお兄ちゃんの笑い声だけが、車内に響く。 











_____早く終われ________


私はそう思った。

好きな人が、別の女の子と話している。

しかも目の前で楽しそうに。




てお兄ちゃんは私の事好きじゃなくても、辛かった。



きっとてお兄ちゃんはかすちゃんが大好きだから。
テオくん
テオくん
っ///そーだよ好きだよ、悪いか!!
あなた

え...?

目を見開く。






赤面しながら、好きって言った。




かすちゃんに。



なぁんだ、やっぱり...好きだったのか...。
あなた

っ...

ぼふっとコートを被る。




泣いてる顔なんて、見せたくないから。
テオくん
テオくん
もう切っからな////!
電話するんじゃねぇーぞ!!!
...電話を切った。




でも、私は顔を見せられない。








......一人心の中で泣き叫んだ。


テオくん視点
告白、どうしようか。


そんなことをずっと考えて仕事をする。
テオくん
テオくん
で、ここなんすけど、...あ、そうですそうです。
じんたんにも伝えて置いて貰えますか?
俺、その日予定合わなくて〜...。
どうしよう、どう告白すればいいのか。  





しばらく恋なんてしたことが無い。

しかも実の妹に恋をするなんて。


......まじでどうしよ))
テオくん
テオくん
ふ、嘘ですよねそれww
お世辞でも嬉しくないっすよwww
まぁ隣にあなたがいるから普段通りを装ってるけど。


相当まずい。
テオくん
テオくん
あなた?
電話を切ったあと隣を見ると、ただぼーっとするあなたの姿があった。
you
あ、...おわった?
テオくん
テオくん
うん!じゃーそろそろいくかぁ〜
どこか様子がおかしい。

ちょっと前からそうだった。
『ピリリリリリリリリリ』
俺の電話がなる。
テオくん
テオくん
あーもしもし?
おっかすぅ!!どーかしたか?
電話の相手はかすだった。
かすちゃん
あーテオくん??
Tik Tokいつ撮ってくれるの〜!
テオくん
テオくん
wwwTik Tokはまた今度なw
今度あったら好きなだけ撮ってやるからw
かすちゃん
もーまた延期〜??
あーわかった!!あなたちゃんと居るんでしょ!!
相変わらず大好きだね〜ww
かすは唯一俺があなたを好きなのを知ってる。
テオくん
テオくん
っ///そーだよ好きだよ、悪いか!!
you
え...?
かすちゃん
でもそんなのろのろしてたらじんたんとかに取られちゃうよ??
早めに先手を打っておかないと!!
いつ取られてもおかしくないんだからね!
あなたちゃん可愛いんだから!テオくんと違って!!
テオくん
テオくん
もう切っからな////!
電話するんじゃねぇーぞ!!!
隣で聞いてるっつーのに!!!




まぁあいつには沢山助けられてっからな......。



......なんかあなたはフード被って顔見えねぇし。





もしかして、俺と居るの嫌なんかな。



.........先手......か。


......このタイミングは無理だな。





もうすこし待とうか。