無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

411
2021/04/05

第8話

☺︎
 『うーん、上の階にいたやつ全部祓ったな。そろそろ行くか。』




恵 「脱兎!!」




特級 「HAHAHAHAHA‪w‪w‪w‪w」




恵 「全然効いてねぇ…ハァハァ」




野薔薇 「芻霊呪法、簪!!」




一同 (!!釘崎の攻撃が効いている!)




悠二 「逕庭拳!!」




悠二 「クソ!効いてねぇ!」




恵 「釘崎!そのまま攻撃しろ!」




野薔薇 「でも!釘が足りない!」




恵 「ッ…クソ…」




ドガァァァァァァァァァァァァァァァンンンンンンン



1年ズ (!?)




野薔薇 「加雲先生!」




 『下がってて!』




 『無限変換…遊雲』


加雲あなたの術式は呪具や人を現実世界からコピーし、無限を通してその場に持ってくるという術式。
でも呪力が強いものほど自分の呪力も消費してしまうので使い方が問題になってくる。




 『さぁ、かかってきな!』




悟 「行こうかと思ったけどあなたが術式使ってるなら安心だね」




ブォンブォン




ガキーン




野薔薇 (凄い…でも加雲先生の一振りでもやられない…)




 『まだまだよ!‪w』




ガキンガガガガガキーーーーーーン









パキッ




一同 (!!!!!!!!!!!)




 『遊雲が…お…れた?』



 『ハッ!あなた達!逃げて!』




1年ズ (間に合わない、!)




ドゴッ




『ガハッ!』




1年ズ (!?先生!)




恵 「先生がやられた、?」




悟 「あなた!??あなたがやられてる?助けに行かねーと、」




野薔薇 「五条先生なにやってんのよ…⸝⸝ʚ̴̶̷̆ ̯ʚ̴̶̷̆⸝⸝
早く来いよ…」




悟 「あなた!!」




 『……』




恵 「先生、意識がないんです!」




悟 「…ぶっ殺してやる…💢」